■外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご質問・ご相談・お見積り依頼は随時受け付け中!まずは無料相談から       
re_img_06
re_img_08
re_img_03
re_img_10
re_img_11

月々雑感

この『月々雑感』も6年目を迎えました。
ホームページにご訪問いただいた方に少しでも役立つような記事を綴っていけたらと思っています。月に数度の更新ですがちょくちょく覗いていただければ幸いです。

杉原千畝ハウス修繕プロジェクト クラウドファンディング

7月に入りました。

雨が続きます。施工中のお客様にはご迷惑をおかけしております。
 
 
 
さて、今回の月々雑感はいつもと違った内容でお知らせします。
 

まずはこちらの画像をご覧ください。
 
▼仮設足場中の建物
 

 
こちらの画像は、リトアニアのカナウス市というところにある杉原記念館(旧日本領事館)改修工事の様子です。(facebookから拝借しています。)
 
まだ工事をする前の仮設足場の段階ですが、補修跡が見られ、外壁が傷んでいるのが分かります。
 
個人的には外国の仮設足場が興味津々で、踏み板を見ても長さが日本の2倍くらいあるでしょうか。
 
大きすぎるので日本の建物にはちょっとむいていないですね・・・


  
「おいおい、いきなり何の話をするねん」とツッコミありがとうございます。失礼しました。
 
私の所属している塗魂ペインターズの姉妹団体であるTOKONインターナショナルが杉原記念館の改修工事に関わることとなりました。
 
 
TOKONインターナショナルが杉原記念館を改修工事するに至った経緯はこちらからお読みください。
(文字か画像をクリックすると違うサイトにとびます)
  
 
杉原千畝ハウス修繕プロジェクト


 
 
お読みいただけたでしょうか。
 
傷んでいる外壁を見ると無性に直したくなるのは職業病です。
 
他国と言えど旧日本領事館は歴史的な価値があり、また後世に残さなければいけない建物なら尚更です。
 
ただ、新聞を読んで「俺達の出番だ」と思い立つのは池田さんだけだと思います(笑)
 
もしかすると、池田さんは杉原さんと同じ岐阜県生まれのはずですから、そのあたりの使命感が沸き立ったのかもしれません。
 
 
それでも普通は、自分も含めて一時のアツさも時間とともに冷めていき、傍観者になるのが常ではありますが、池田さんは違います。
 
障害があればあるほど燃え、身内びいきを差し引いても、行動力と交渉力は業界一、日本中探してもこういう方はそういません。
 
気付いたらリトアニアに行って話をまとめてきて、気付いたら足場が立っていました。
 
 
実際のところ、日本の建物ではなく外国の建物ですから行くのも大変、交渉はもっと大変だったと思います。

そういうところを一切見せないのが池田さんなんです。
 
自分を犠牲にしても、自社を犠牲にしてでも【人に尽くす】というあたり杉原千畝さんと似てるのかもしれません。
 
 

『私たちがやりたい事とは、そのスギハラハウスの修繕ボランティアです。目的は、ただそれだけです。それ以外の目的や意図、狙いは一切御座いません。』
 

と記事に書いていますように、何か打算的な狙いは一切ありません。裏表のない方です。
 
 
思うに今回のクラウドファンディング(寄付)を実施するにあたり葛藤があったと思います。

私自身もパスポートを更新してむかう予定です。
 
よろしければご協力いただければ幸いです。
 

杉原千畝ハウス修繕プロジェクト


見積もり1件で壱万円也

5月も今日で終わりです。

梅雨前ということで、塗り替えよりも雨漏り案件のご相談を多くいただいています。

お声がけいただき、ありがとうございます。
 
 
さて
先日、弊社にご依頼くださったお客様。

他にもお見積りをとっていたそうで、弊社以外では【塗装業者紹介サイト】に依頼されていたとのこと。
 
 
その紹介サイトから何社かの業者さんが見積もりに来たそうですが、そのうちの1社さんが

「ここに来るだけで1万円とられる」

とボヤいていたそうです。
 
 
お客様は何のことか意味がわからなかったそうで、「私に言われても・・・」な状態だったそうですが、塗装業者紹介サイトの中には紹介手数料として1万円をとられるところもあるんですね。
 
 
悪習とは言え、一般のお客様に愚痴を言うのもどうかと思いますが、ついつい口が滑ってしまったのでしょう^^;


  
この紹介手数料は一般の方が支払うのではありません。

塗装業者が、運営会社に対して紹介手数料として1万円払うのです。

私のところは、そのような紹介サイトに登録していませんので直接的には知りませんが、同業社から何人か聞いたところ事実のようです。
 
受注出来ようが、出来なかろうが1万円。
 
極端な話、まったく塗装をする気がない人の所へ行っても1万円支払わなければなりません。
 
 
 
一般的には、塗装業者紹介サイトに依頼する人は本気度という点では少ないと言われています。
 
 
例えばの話ですが、「あなたの愛車の査定はいくら?」とWEB上で見たら、今のところ車を売る気はないけれど、「試しに査定してみようか」という人も少なからずいるのではないでしょうか。
 
 
それと同じで、「あなたの家の外壁はいくら?」とWEB上でみた時、今すぐ外壁塗装をする気はないけど【目安としていくらくらいになるか知りたい】そんな方が気軽に問い合わせしてしまうのかもしれません。
 
 
同じ業者の立場からすると、工事をするかしないか分からない人のところに行くのは全然大丈夫ですが、その紹介してもらった御礼として1万円を支払うことはとてもじゃないですが出来ません。
 
 
そうは言っても、個人の時代からすると20年くらいやっていますので、過去には仕事が無くて困った時期があり、そういう所に頼ってしまう同業者さんの気持ちも充分に理解できます。
 
 
代表者としては仕事が無いことは我慢出来るのですが、職人さんをかかえている場合は「遊ばせてしまう(休ます)」ことが何より辛いからです。
 
 
なので、そういう所は行かないでおきましょう。というのも言えませんし、なかなか複雑な気持ちになってしまいます。
 
 
ただ、一般の方もうすうすは分かってきだしたので、このようなビジネスモデルは長くないような気がします。
 
 
自分の考えは、こういうとこはダメですよって言うより、それよりも優先して地域で頑張ってる塗装業者さんに直接依頼して欲しい。

そう思っています。

愛想もくそもない

4月に入りました。

ありがたいことに忙しくさせていただいています。

 

先日は弊社に以前ご依頼いただいたOB様から

「ガレージをリフォームしたいから見積もりをお願いできませんか?」

とお声がけいただきご訪問しました。

工事の内容は内部工事です。

 

外装工事をメインとしている弊社は、内部工事をすることがほとんどありませんが、OB様からご依頼があった時のみ対応しています。


 
実の兄が内部のリフォーム屋をしており一通り対応出来ます。


兄と同行してご訪問しました。

 

OB様(お客様)と自分が会話をしていた様子を見ていた兄が後日、私の対応について

「愛想もくそもないな(笑)」

と冗談交じりに言ってきました。

 

これは昔からよく言われていることです(笑)

 

自分では全く気付かないもので、ハタから見るとそういう風に映るのですから事実でしょう。

 

いや、まだお会いしたことが無い方に誤解無きよう言うと、とうぜんながら敬語も使っていますし、挨拶するときは腰も90度曲げてるつもりです。

胸張るところではないですが(笑)

 

これが、営業の会社に少しでも勤めた経験があるならもう少し営業マン「らしい」対応が出来るのでしょうが、職人の経験しかなくそのまま来てしまいましたので営業マンらしさが特別ないのかもしれません。


 
これがウケてるとは思いませんが、意外と発注も頂けています(^^)

 
よくも悪くも「素」のままの自分なのです。
 
 

なんというか、訪問した先でガツガツもしたくないし、逆に自分がガツガツされたらドン引きしてしまいます。

 

ドン引きと言えば、このあいだ携帯ショップへスマホの設定を変えてもらうために行きました。
 
 
 
自分はスマホの設定を変えてもらうために行ったにも関わらず、対応した若いスタッフさんが
 
 
「このサービス今入っておかないとマズイですよ~」
 
 
的な感じで不安煽って新サービスの営業をかけてきたので、話を遮り

 
「仮に、ここで自分がそのサービスに加入したとしても『売り込まれた』という記憶は忘れないからこの店には二度と来ないよ。それはここの店の損失やろ」
 
 
と若いスタッフさんにやんわりですが説教してやりました(笑)
 
  
よくよく聞くと近隣の同系列の店がよく売れてて焦っているのだとか。
 
 
それはあくまで店の事情であってこちらには関係のないこと。

 

 
その後、こうした方がいいんじゃない、ああした方がいいんじゃない。

とアドバイスしました。
 
  
素直な子だったのでメモしていました。
 
 
というか、何者?俺(笑) 
  

 

商行為なので売り込みがダメとも思いませんし、店側の事情で物を売ったらダメとまで思いせんがそういうスタイルはこれからの時代は厳しいんじゃないかと思っています。
 
 
 


数日前も、訪問販売の業者さんから
 
「今すぐ塗り替えをした方がいい」
 
「外壁が大変なことになる」
 
 
と煽られたお施主様のところへ訪問しましたが、まだ問題がないので

 

 
「まだ塗装は必要ないですね。1、2年後でも大丈夫ですから」と言って帰って来ました。

 

 
その1、2年後のタイミングでお声がけ頂きたい・・・くらいの商売っ気はあります。

会社をやってるのですから。

 

 
それでも、今必要ではないのに無理に工事を煽(あお)ったり、急かしたりするのは自分のスタイルではないわけです。

 

  
外部の工事は、新築で建てた次の日から【劣化】が始まります。

それが10年経っていれば【塗り替え時期】というのは正解です。

ですので、やらないよりはやった方がいいには決まっています。

 

ただ、傷んでいる様子はなかったので「今すぐ必要か?」と聞かれると「1、2年後でいいのではないですか」とお答えしたというわけです。

もちろんケースバイケースで

「この状態ならすぐにした方がいいですね。」

とお答えする時もあります。

 

自社の利益基準で物事を判断しているわけではなく、建物をメンテナンスするべきかを基準で判断しています。

 

幸いなことに忙しくさせていただいていますし、そのまま帰ったとしても上司がいるわけでもなく誰にも怒られることはありませんのでそのような事が出来るのでしょう。

 
  

愛想もくそもないかもですが(笑)、そのあたりは正直にやっていきたいと思っています。

LINE塗装相談室はじめました。

LINEはじめました。

個人用ではなく会社用のLINEです。

▼下の画像をスマホからタップすると友達追加できます。

 

友だち追加

 

今回、会社用のLINE(正式にはLINE@)を登録したのには理由があります。

普段から・ご質問・ご相談・概算お見積りのご依頼をよくいただきます。

 

その際に、可能であれば写真を「添付」していただきたいと思ったからです。

もちろん写真が必要な場合のみです。

 

あるある話ですが

 

「幅が4mくらいで2階部分に1mくらいベランダがせりだしてて3階はへっこんでてそこの3階部分の・・」

 

と、お電話口のむこうでご相談者さまがおっしゃってる場合がありますが、建物の形状は何となくは理解できます。

 

あくまで【何となく】です^^;

 

こちらはイメージで建物の形状を想像するわけですが、具体的なご質問をいただいてもお答えしにくいのです。

 

それなら写真を送っていただきご質問いただいた方が、

・あるていど情報が正確になりますし

・ご質問にもお答えしやすく

・ご相談者様と私の時間も短縮されます。

 

一石三鳥です(^^)

 

もちろんLINEに登録したからと言って、変な宣伝もなければ、飲食店さんのようにクーポンを発行したりもありません。

 

あくまで、ご相談や概算のお見積りに使用するのみです。

済みましたら登録を解除していただいて構いません。


しかし、すごい時代になりましたね。

ポケベルが懐かしいです、、、(遠い目)

 

 

さて、それでは(友だち追加)の方法です。

 

LINE相談室の登録方法

 

登録(友だち追加)は簡単です。

 

スマホからこのページをご覧になられている方と、パソコンからこのページをご覧になられている方と二通りいらっしゃいますので2種類の登録方法をお知らせ致します。

 

 

 

スマホからこのページをご覧の方

 

↓の友達追加をタップしてください。


友だち追加

 

 

 

パソコンからこのページをご覧の方

 

↓QRコードから友だち追加してください。

 

 

 

【QRコードから友達追加する方法】

 

①設定画面の【友だち追加】を押してください。

 

 

②このような画面になるので【QRコード】を押してください。

 

スマホがカメラになりますので、上記のQRコードにかざしてください。

これで友だち追加になります。

 

 

 

 

LINEを普段お使いの方はいつもどおりのやり方で十分です。

 

留意点を3点ほど。

 

■弊社側からは、いつものLINEと少し違ってややこしいです(汗)
そのため慣れるまでは不手際があるかもしれません。

 

■ご質問・ご相談を頂いててもお返事が遅れることがあります。

 

■メッセージはいつ頂いても大丈夫ですが、返信は8:00~20:00までとなります。

 

 

今までどおり、弊社のスマホ用お問い合わせページには写真を添付する箇所があるのでそこに画像を添付していただいてもかまいません。

 

(これは少し慣れている人ではないと分かりにくいですね(汗))

 

 

 

 

今回、会社用のLINE開設にあたり、このブログにもたびたび登場する一友ビルドテック㈱の金塚社長に色々と教えていただきました。

 

コワモテの金塚社長ですが、実際もコワイです。

いやいや、怒られる(笑)

ほんとこんな冗談が通じるくらいほんと優しいです。

▼一友ビルドテック株式会社 金塚社長


 

相模原市周辺で塗装工事をお考えの方は一友さんのホームページも覗いてみてください。

お薦めの塗装店さんです(^^)
 

一友ビルドテック株式会社

 

 

以上になります。

 

エイケン工業の「LINE塗装相談室」をぜひ、お気軽にご利用ください(^^)

 

胡散臭い団体

少し前になるのですが、塗魂ペインターズの関西会議後の懇親会である人が

 

『ここに入る前、塗魂ペインターズは胡散臭い団体だと思ってた。だけど入ってみて分かった。こんな素晴らしい団体ないと言い切れる。』


続けて

 

『もし、胡散臭いと同業者で思ってる人間がいるなら俺の前に連れてきてほしい。何時間かけてもこの団体の良さを伝えたい』


とおっしゃっていました。

 

確かにおっしゃるとおりでこの方、業界の先輩ですが入会前は構えて?いました。


ファイティングポーズをとっていた感じです(笑)


あまりの変わりっぷりに少し驚きましたが(笑)、このあたりの感想は全く同感で、胡散臭いまではいかないまでも、入会前の自分自身もなんとなくアレルギーがありました。


(同業者が集まって何をするねん)

(ボランティアって何するの?)

(傷の舐め合い団体やんけ)


なんてことを思っていたのです。

胡散臭いと変わらんか(笑)


ただ、現在会員であるメンバーとそんな話をすると、入会前は「実は私も・・」と同じように思っていたという方が意外と多いです(^^)


それは、おそらくは「自分の周りの同業者」そのものが苦手なんだと思います。


自分も同じくで1人、2人は仲良くしている同業者さんが周りにいましたが、ほとんどは付き合いがありませんでした。

 

意識的に避けていました。


同業者が集まって居酒屋に行っても『あそこの仕事は安い』だのとネガティブな話が多かったからです。

 

あの空気が好きになれませんでした。


ですので、同業者と言えばそのようなイメージがあったのです。


だけど、たまたま縁あって、たまたまタイミングが合って塗魂ペインターズに入会しました。


塗魂ペインターズに入って4年ほど経ちますが、『ここに入ってよかった』と心底思います。

 

・価値観が変わりました。

・自分の仕事が誇れるようになりました。

・業界全体のことを考えるようになりました。

 

なぜ、いきなりこんな話をするかと言うと、昔の自分と同じよう思って入会に二の足を踏んでいる同業者さんがいると思ったからです。

 

特に現在入会キャンペーンをしてるわけでもなく(笑)、頼まれて書いてるわけでもありませんが、これからの業界のことを考えると意識の高い同業者さんが増えれば増えるほど業界の発展につながると信じています。


価値観の押しつけみたいで、あまりこういう事は言わない方ですが、もしそんな事を思っている同業者さんがいたら、少しだけ勇気をだしてください。

ほんと素晴らしい団体です。

 

世界が変わると思いますよ(^^)

1 / 3512345...102030...最後 »
関連記事はこちら

ご相談・お問い合わせフォーム

お問合せ内容必須
(※いずれかをお選びください)
弊社からの返信方法必須
(※いずれかをお選びください)
お電話を選ばれた場合の電話番号(任意)
(※例:06-4308-4318)
お名前必須
(例:永濱 ※苗字でOKです。)
メールアドレス必須
(例:xxxxx@xyz.jp)
画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
(任意)
※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。

※各ファイル2メガまで
画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
(任意)
※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。
ご質問・ご相談・お見積り依頼等についてはこちらへどうぞ(任意)
(例:〇〇市で外壁塗装を考えています。見積りをお願いしたいのですが●日に訪問可能でしょうか?)
内容確認必須 以上の内容でよろしいでしょうか?よろしければチェックを入れてください。 → 
内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。
このフィールドは空のままにしてください。


入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

※ メールアドレスに誤字がありますと返信出来ませんので、ご確認の方よろしくお願い致します。

※ お問合せフォームからのご相談は、24時間以内の返信を心掛けていますが、最近、まれに『問い合わせしたけど返信がない』と御聞きする事があります。何かしらの原因で、そのような状態になっていると考えられますのでお手数ですが再度、メールアドレスまでよろしくお願い致します。

メールアドレス
nagahama@eiken-kohgyo.jp

   

大阪・奈良で屋根塗装・外壁塗装・防水工事をお考えの方は塗装専門店の(有)永建工業へ。【電話:0120-377-376/受付:8時~20時土日対応】メール相談・御見積り依頼は24時間受付。『後悔しない塗り替えガイドブック』無料進呈中。

お問い合わせはこちら