■外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご質問・ご相談・お見積り依頼は随時受け付け中!まずは無料相談から       
re_img_06
re_img_08
re_img_03
re_img_10
re_img_11

安心・高品質の日本ペイント

nippe500.jpg

 
数ある塗料メーカーの中でも私が特に好んで使用しているのが日本ペイントの塗料になります。日本ペイントは国内1.2を争う大手のメーカーだから、という理由で使っているのではありません。大きく言うと

・塗料品質が安定していること。
・戸建て住宅塗装のフォロー体制がしっかりしていること。

この2点で採用しています。特に戸建て住宅のフォローという点では随分と助かっています。

お見積りのご依頼で訪問した際、外壁の不具合を見る事があります。外壁の既存下地は細分化すると数百あり、なかにはなぜこんな現象が起きているのか?理解出来ないこともまれですがあります。
 
過去にはそのような現場を日本ペイントの担当者さんに来ていただき再発防止をフォローしていただきました。心強いことであり施工の安心と、何よりご依頼いただいたお客様に品質のいい塗装工事をお届けすることができます。
 
大丈夫であろう、知ったかぶり、という慢心が不具合を起きやすくさせますので、施工店は慎重なぐらいがちょうどいいと思っています。

そのような理由から好んで使用していますが、特に戸建て住宅に特化している弊社にとってはなくてはならない塗料メーカーになります。

毎年発売される日本ペイントの塗料ですが、主な塗料をご紹介します。

※念のためですが、他メーカーがダメだということではありません。いい塗料も当然ながらあります。また、素地(現在の外壁)の状態・お客さまのご要望により、他メーカーを使う事もあります。

 

ファイン4Fセラミックをお薦めする理由 

 

4f500.jpg

【ターペン可溶2液超低汚染形4フッ化フッ素セラミック変性樹脂塗料】

外壁を長期間、持たせたい人に向いてます。 

 

研究に研究を重ね、試作と実験を繰り返すこと7年。
 
日本ペイントが開発した塩素を含まないフッ素。ファイン4Fセラミックの特徴は、ズバリ高耐久性にあります。4フッ化フッ素セラミックが強靭な塗膜を形成し、長期間にわたって雨・紫外線からお家を守ります。

耐久性がいいということはどういうことか、と申しますと単純に次回の塗り替えまでの期間が長くなるという事になります。
 
もちろんお家の構造、躯体がしっかりしているという事が条件になりますが、次回の塗り替えまでの期間を少しでも延ばしておきたい場合にはシリコンなどで塗装するより結果的にはお得と言えます。

よく御質問で『フッ素で外壁塗装をした場合、次回の塗り替えで、塗膜をメクらなければならないんじゃないの?』と聞かれることがありますが、日本ペイントのファイン4Fセラミックは何の問題もありません。

※2液型(主剤と硬化剤)を混ぜて使用するタイプの塗料になりシンナーで希釈します。そのため若干ですが、臭気がします。 

自信を持ってお薦めする理由.jpg

ファイン4Fセラミックの優れた主な点を上げます。
 

お薦めチェック.gif 超高耐久性
 
4フッ化フッ素の技術で強烈な紫外線を抑制。

セラミック変性樹脂を加えることで耐候性に優れています。
 

お薦めチェック.gif 超低汚染性
 
親水性によりセルフクリーニング機能。

長期間にわたっての汚れがつきにくいです。
 

お薦めチェック.gif 素地を選びません。
 
サイディング・モルタル・FRP・鉄部・硬質塩ビ等に塗れます。
 

お薦めチェック.gif 作業性
 
弱溶剤タイプなので乾燥が速く冬場の施工に最適です。
 

お薦めチェック.gif 防藻・防かび性
 
藻・かびの発生を防ぎます。 
 

お薦めチェック.gif

 透湿性
 
結露から建物をまもります。

img040.jpg

【日本ペイント カタログより抜粋】

 

 

 

パーフェクトトップ・ファインパーフェクトトップをお薦めする理由

  
スクリーンショット 2015-10-07 08.36.03

パーフェクトトップ・ファインパーフェクトトップは高品質であり低価格のコストパフォーマンスに優れた塗料です。

  
一般的にアクリルの塗料と言えば、少しの間キレイにするためや、とにかく【安さ】を追求した時に用いられる塗料になります。チョーキング現象(壁に触って白い粉が付く)にいたっては塗ってから大体3,4年で起き、ここ最近の戸建て住宅塗装では、ほとんど使われることがなくなってきました。

しかし今回、ご紹介するパーフェクトトップは樹脂はアクリルでも、
一般的なアクリル塗料とは全然違う別格のもの。
 

少し専門的にお話しすると、一般的な白い塗料に入っている酸化チタン、これが紫外線にやられ発生するのがラジカル分子。このラジカルが塗膜の色褪せ、劣化につながるのです。

・ラジカルを発生しにくくする機能。
・発生してしまったラジカルを封鎖する機能。

その両方を兼ね備えたものがラジカル制御という技術であり、完成したものがハイブリッド高耐候性塗料のパーフェクトトップになります。日本ペイントはフィールドテストを繰り返し、これを商品化するまでに相当な時間がかかったそうです。

耐候性はシリコン以上フッ素以下になります。立地や環境も頭に入れなければなりませんが、期待耐用年数としては10年~12年くらいになるのではないでしょうか。気になる価格はシリコンとそう大差なく、戸建て住宅の塗装にはバランスのとれた塗料と言えます。

また、最近では溶剤型のファインパーフェクトトップ。屋根用のファインパーフェクトベストも発売されました。

 

パーフェクトトップ (1).jpeg

 

自信を持ってお薦めする理由.jpg
パーフェクトトップの優れた主な点を上げます。
  

お薦めチェック.gif 高耐候性
ラジカル制御技術により長期間にわたりチョーキングが起きにくく下塗りにパーフェクトシリーズを用いることにより、美しい艶を持続させます。

お薦めチェック.gif 下地を選びません。
モルタル・窯業系サイディング・コンクリート・ALCと専用下塗り材を替えることにより全ての下地に塗り替え可能です。

お薦めチェック.gif 水性・溶剤あります。
水性タイプと溶剤タイプが有り使い分けが出来ます。

お薦めチェック.gif 低汚染・防藻・防かび性
低汚染・防藻・防かびの機能もついています。


ファインシリコンフレッシュ をお薦めする理由


スクリーンショット 2015-10-07 08.41.53

ファインシリコンフレッシュは長期間、お家の美観を保持したい人向けの塗料です。

  
汚れが付きにくい超低汚染性の塗料で、モルタル・サイディングボードと既存下地を選ばず塗る事が出来ます。特に密着性に関して言いますと他の塗料に比べ群を抜いています。

 

よく塗料耐候性の順番で記載される
アクリル ⇒ ウレタン ⇒ シリコン ⇒ フッ素のシリコンからフッ素の間に位置する塗料です。

もちろん樹脂はシリコンですので、大まかなくくりで言えば
シリコンになりますが一般的なシリコン塗料よりワンランク上のシリコン塗料とお考えください。

2液型ですので使用の際はハカリが必要になります。(重要です。)

※2液型(主剤と硬化剤)を混ぜて使用するタイプの塗料になります。シンナーで希釈する弱溶剤塗料になり若干ですが、臭気がします。
   

自信を持ってお薦めする理由.jpg
ファインシリコンフレッシュの優れた主な点を上げます。
 

お薦めチェック.gif 高耐候性
2液タイプですので塗膜が強く、長期間にわたっての光沢保持、変色が極めて少ないです。

お薦めチェック.gif 超低汚染性
親水性により長期間にわたっての汚れがつきにくいです。

お薦めチェック.gif 素地を選びません。
サイディング・モルタル・FRP・鉄部・硬質塩ビ等に塗れます。

お薦めチェック.gif 作業性
弱溶剤タイプなので乾燥が速く冬場の施工に最適です。

お薦めチェック.gif 密着性
密着性に優れておりトップコートのみの塗替えで、下地が痛んでいないという条件ならば、直接塗ることができます。

お薦めチェック.gif 防藻・防かび性
藻・かびの発生を防ぎます。

お薦めチェック.gif 透湿性
結露から建物をまもります。

 

ファインシリコンフレッシュ① カタログ.jpg

高耐候性  ~劣化促進機による試験~

劣化促進機「ウェザーメーター(キセノンランプ)」の照射時間に対する光沢の保持率により耐候性の分類をしています。光沢保持率80%以上が
2500時間以上のものを(耐候形1種)
1200時間以上のものを(耐候形2種)
600時間以上のものを(耐候形3種)としています。
ファインシリコンフレッシュは(耐候性1種)の基準を上回る結果を示し、特に耐候性にすぐれた塗料といえます。

(日本ペイント カタログより抜粋)

ファインシリコンフレッシュ② カタログ (1).jpg

超低汚染性  ~雨垂れ汚染試験による汚染性能試験~

屋外にて塗板を暴露し、雨筋状のよごれのつく程度を目視により測定します。試験開始6ヶ月後では、非低汚染形塗料と比べて雨筋状のよごれが少ないことがわかります。

【低汚染のメカニズム】

雨垂れによる汚染などを防止するためには、塗膜表面が水になじむような性質であることが重要です。カーボンなどの汚染物質には油の性質があり、塗膜表面も水をはじくような油の性質(親油性)を持っていると、汚染物質が表面に付着しやすくなります。しかし塗膜表面に水になじむような性質(親水性)があると、油の性質の汚染物質は付着しにくく、降雨時の雨水が汚染物質を一緒に流してしまいます。

  (日本ペイント カタログより抜粋)

 

サーモアイシリーズ(遮熱塗料)をお薦めする理由

 

nippe2_500.jpg

サーモアイシリーズ

【太陽熱高反射(遮熱)塗料】

美観・耐久性に優れている遮熱塗料です。
 

サーモアイシリーズは2013年現在、弊社で最も施工させていただいてる日本ペイントの屋根用遮熱塗料です。戸建て住宅・工場・倉庫などのスレート系屋根や金属系屋根に塗ることで屋根の表面温度を抑え、室内温度の上昇を防ぐ塗料になります。種類としましては大きく分けて

・4化フッ素樹脂のサーモアイ4F

・シリコン樹脂のサーモアイSi 

・ウレタン樹脂のサーモアイUV

などがあります。

 

サーモアイシリーズ8.JPG

その他にも水性シリコン型等もありますが弊社では2液型の弱溶剤塗料であるサーモアイSiとサーモアイ4Fしか使っていません。理由は屋根の場合、外壁に比べ3倍程度の紫外線・常に雨風の影響を受けます。その厳しい環境下で少しでも耐候性のある塗料を塗っておきたいからです。

 

違いは下塗りにあり

 

サーモアイシリーズ (5).JPG

他社塗料メーカーとの違いは下塗りにあります。サーモアイシリーズの下塗りであるサーモアイシーラーには造膜性があり尚且つ、遮熱機能が加わっています。結果、上塗りを塗った後の仕上がり優れている事と下塗り+上塗りの遮熱機能により遮熱性も高まるということになります。    

サーモアイシリーズ (7).JPG

施工時のポイントとしましては下塗り完了後に濡れ感が出来ている事。いくら下塗りに造膜性があるからと言っても、屋根カラーベストの表層が風化している時は吸い込んでしまいます。そんな時は下塗りを必ず2回入れなければなりません。

 

上塗りの色についてですが、白に近づくほど遮熱機能が働きます。クールホワイトで日射反射率91%。逆に一番濃いクールブラックで日射反射率28.4%です。

下記の画像では遮熱塗料の塗っているところと未塗装部分の温度差は31度になっています。

サーモアイシリーズ (2).JPG

また、内部の屋根裏から測った温度は7度の差がでています。

サーモアイシリーズ (3).JPG

【日本ペイント】カタログ参照

このあたり建物条件により左右されますので、どこの建物であってもこのようになるとは言えませんが上記の例ほど効果があると検討される価値はあるのではないでしょうか。 サーモアイシリーズでの塗装をご検討の方は、下記までお問合せください。

 

ご相談・お問い合わせフォーム

お問合せ内容必須
(※いずれかをお選びください)
弊社からの返信方法必須
(※いずれかをお選びください)
お電話を選ばれた場合の電話番号(任意)
(※例:06-4308-4318)
お名前必須
(例:永濱 ※苗字でOKです。)
メールアドレス必須
(例:xxxxx@xyz.jp)
画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
(任意)
※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。

※各ファイル2メガまで
画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
(任意)
※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。
ご質問・ご相談・お見積り依頼等についてはこちらへどうぞ(任意)
(例:〇〇市で外壁塗装を考えています。見積りをお願いしたいのですが●日に訪問可能でしょうか?)
内容確認必須 以上の内容でよろしいでしょうか?よろしければチェックを入れてください。 → 
内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。
このフィールドは空のままにしてください。


入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

※ メールアドレスに誤字がありますと返信出来ませんので、ご確認の方よろしくお願い致します。

※ お問合せフォームからのご相談は、24時間以内の返信を心掛けていますが、最近、まれに『問い合わせしたけど返信がない』と御聞きする事があります。何かしらの原因で、そのような状態になっていると考えられますのでお手数ですが再度、メールアドレスまでよろしくお願い致します。

メールアドレス
nagahama@eiken-kohgyo.jp

   

大阪・奈良で屋根塗装・外壁塗装・防水工事をお考えの方は塗装専門店の(有)永建工業へ。【電話:0120-377-376/受付:8時~20時土日対応】メール相談・御見積り依頼は24時間受付。『後悔しない塗り替えガイドブック』無料進呈中。

お問い合わせはこちら