■外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご質問・ご相談・お見積り依頼は随時受け付け中!まずは無料相談から       
re_img_06
re_img_08
re_img_03
re_img_10
re_img_11

塗装で対処できない大壁工法の割れ

 
塗り替えの現場調査に行った際、よく見かけるのが大壁工法の割れ、剥がれです。

0918 (3)

0918 (1)

0918 (2)

 
大壁工法とは、3×10板(910㎜×3030㎜)の板やALCの板を外壁に貼り付け、ジョイント部分を隠す施工方法です。

本来、ボードでもALCでもジョイントを設けるのは建物の動きを緩衝させるためのもの。
  
なぜジョイント部分を隠すのかといえば、デザインを重視した場合、板と板の継ぎ目が見た目的に悪くなるからという事でしょう。おそらく継ぎ目なく一面をフラットにしたほうが見栄えもよく売りやすいのかもしれません。
  
しかし数年経った後に割れることがあり、こうなってしまうと塗装ではどうしようもなく新たにサイディングで張り替え直すしか方法がなくなります。
 
不具合があるから、弊社にお声がかかるわけで何も起こっていないお家からは当然ながらお声がかかりません。つまり私自身が全ての大壁工法を知っている訳ではありません。
 
弊社は新築の塗装をほぼしないため、このあたりに詳しい同業者のお友達に聞くと、通常大壁工法を採用する際は建材メーカー、塗料メーカー、施工店と三位一体で施工にあたっており、外壁板の貼り方、使用材料、板間の処理方法までのマニュアルがあるとのこと。
  
貼り方も使用材料も守らず、また板間の処理材の厚み不足、さらに塗膜の厚みを守らなければ、まず割れたり剥離が起こってしまうそうで、キッチリ施工していれば早々に不具合は起きないそうです。
 

念には念を。新築の際に大壁工法をお選びになる時は、そのあたりを建てる工務店さんからよくお聞きになり、理解されてからの方がいいかと思われます。

ご相談・お問い合わせフォーム

    お問合せ内容必須
    (※いずれかをお選びください)
    弊社からの返信方法必須
    (※いずれかをお選びください)
    お電話を選ばれた場合の電話番号(任意)
    (※例:06-4308-4318)
    お名前必須
    (例:永濱 ※苗字でOKです。)
    メールアドレス必須
    (例:xxxxx@xyz.jp)
    画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
    (任意)
    ※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。

    ※各ファイル2メガまで
    画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
    (任意)
    ※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。
    ご質問・ご相談・お見積り依頼等についてはこちらへどうぞ(任意)
    (例:〇〇市で外壁塗装を考えています。見積りをお願いしたいのですが●日に訪問可能でしょうか?)
    内容確認必須 以上の内容でよろしいでしょうか?よろしければチェックを入れてください。 → 
    内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。


    入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

    ※ メールアドレスに誤字がありますと返信出来ませんので、ご確認の方よろしくお願い致します。

    ※ お問合せフォームからのご相談は、24時間以内の返信を心掛けていますが、最近、まれに『問い合わせしたけど返信がない』と御聞きする事があります。何かしらの原因で、そのような状態になっていると考えられますのでお手数ですが再度、メールアドレスまでよろしくお願い致します。

    メールアドレス
    nagahama@eiken-kohgyo.jp

       

    大阪・奈良で屋根塗装・外壁塗装・防水工事をお考えの方は塗装専門店の(有)永建工業へ。【電話:0120-377-376/受付:8時~20時土日対応】メール相談・御見積り依頼は24時間受付。『後悔しない塗り替えガイドブック』無料進呈中。

    お問い合わせはこちら