■外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご質問・ご相談・お見積り依頼は随時受け付け中!まずは無料相談から       
re_img_06
re_img_08
re_img_03
re_img_10
re_img_11

屋根塗装?それとも葺き替え?屋根がモニエル瓦の時に判断するポイント

最近よくモニエル瓦の屋根を現場調査します。

モニエル瓦は、1973年から日本で発売されていた瓦で正式には乾式コンクリート瓦といいます。
 

モニエル瓦 (1) 

今でも山手の住宅街では使われている事が多く、統計をとった事はありませんが弊社に限って言えば現場調査した際、10軒に1軒程度のお家の屋根 でモニエル瓦が採用されています。

上記画像のような波型になっているタイプが多いですが、平板タイプのものもあります。

モニエル瓦 (18)

 

よく似た形状でセメント瓦もありますが、モニエル瓦か?セメント瓦か?の見分け方は瓦の小口(厚み部分)にあります。

小口が凸凹(でこぼこ)になっていたらモニエル瓦です。
 
モニエル瓦 (21)

 

拡大しました。

モニエル瓦 (34)

瓦の形状だけで判断せず、小口を見ましょう。
 
このモニエル瓦は、後で述べる表層の劣化は見受けられる事が多いのですが基材(瓦)自体はしっかりしてい ることが多く、屋根材としては優秀なのではと個人的には思っています。

ただ、残念ながら現在、製造メーカーが解散しており製造はされていません。割れていた時など交換する場合には瓦問屋さんに在庫があるか?お伺いするこ とになります。
(2016年6月現在ではまだ在庫はあるようです。)

 
さて、モニエル瓦の特徴は表面にスラリー層と呼ばれる着色がされていることです。塗替えの際には高圧洗浄をしっかりとしなければ塗装剥離がしやすくなると言われています。
 

モニエル瓦 (28)

先日、ご訪問した際にお客様からお聞きしたのは他社のリフォーム業者の営業マンさんが

「モニエル瓦の屋根は塗れない。葺き替えにするべき」

とおっしゃったとのこと。

伝え聞きなのでどういう意図か分かりませんが、塗れない事はなくモニエル瓦は塗れます。

葺き替えに関しては一つの考 え方としてはそれはそれでいいのではないかと思います。

 

モニエル瓦を塗装する場合の注意点

 

現在の屋根がモニエル瓦で屋根工事をする場合、2つの工事方法があります。

1つ目は塗装、2つ目は葺き替えです。

それではそれぞれの工事内容を簡単に説明します。

【モニエル瓦の塗装】

モニエル瓦に塗れる塗料は多くありません。いくつか専用塗料をご紹介します。

 

①スラリー強化工法(水谷ペイント)

②マイルドシリコン(大同塗料)

③マイティシリコン(オリエンタル塗料)

①のスラリー強化工法は高圧洗浄後にスラリー洋瓦シーラーをたっぷり塗ってから乾燥後に上塗りを塗装していくやり方 です。このシーラーを塗った後は数種類の上塗り(水谷ペイント製)を塗ることができます。

以前のことですが、このスラリー洋瓦シーラーを塗っていてお昼になったので昼休憩し、午後から塗ろうかと思ったらローラーがカ チカチにゲル化して固まっており驚いたことがあります。通常のシーラーとは違い特殊なシーラーになります。

 
②と③は同じ感じの塗料で、シーラーは入れずに直接モニエル瓦に塗れる塗料になります。正直、最初はシーラーを塗らな い事に抵抗はありましたが、付着力は良好で全く問題はなく弊社では③のマイティーシリコンを採用する事が多いです。

 

モニエル瓦 (33)

これが一般仕様になりますが、もっと耐候性をお望みの場合は、そのマイティーシリコンの上からクリアーのコーティング 材を塗ると耐用年数が数年延びます。

ちなみにですが、このマイティーシリコンはモニエル瓦を販売していたラファージュルーフィング㈱(旧社名 日本モニエル株式会 社)が推奨していた塗料でもあります。製造メーカーがお墨付きの塗料ですので塗装する場合は安心と言えるでしょう。

 
同業他社さんの中にはモニエル専用塗料でなくても下地処理さえしっかりしていれば大丈夫とおっしゃる方がいます。弊 社ではそういう仕様で塗ったことがないのでそれについては分かりません。何度かされて問題ないのであれば大丈夫なのかもしれません 。

いずれにしましてもモニエル瓦の場合は、スラリー層を出来るだけ除去することが大切になります。

▼高圧洗浄をした後に全体を洗い流します。
モニエル瓦 (31)

 

 

モニエル瓦の葺き替え

 

モニエル瓦の葺き替えです。現在の瓦を撤去して新たに屋根材を載せる訳ですから基本どのような屋根材でものせる事が出来ます。耐震を考え軽量屋根材に変える方が多いのではないでしょうか。

モニエル瓦の上か ら新たに瓦をのせるカバー工法は出来ません。

先程も言いましたとおり、現在製造がされていない瓦ですから葺き替えというのは選択肢の一つではあります。

塗装か葺き替えか。これは現在の状態によって判断が分かれます。

■当分雨漏りの心配はないと判断した場合は塗装。

メリット・・低予算、美観。

デメリット・・雨漏りの防止にはならない。

■現在、雨漏りしている場合、また近い将来雨漏りの憂いがある場合は葺き替え。

メリット・・耐震性、今後の安心

デメリット・・高額

となります。

あとよくある質問として、「塗装をしない場合はほうっておくと雨漏りしますか?」と聞かれる事がありますが、モニエル瓦の場合は瓦の裏にまで水がまわる透水率は割れていない限りはゼロです。

ですので「放っておくと雨漏りがします。」と言われてもそのような心配はないのでご安心ください。

 

ご相談・お問い合わせフォーム

お問合せ内容必須
(※いずれかをお選びください)
弊社からの返信方法必須
(※いずれかをお選びください)
お電話を選ばれた場合の電話番号(任意)
(※例:06-4308-4318)
お名前必須
(例:永濱 ※苗字でOKです。)
メールアドレス必須
(例:xxxxx@xyz.jp)
画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
(任意)
※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。

※各ファイル2メガまで
画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
(任意)
※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。
ご質問・ご相談・お見積り依頼等についてはこちらへどうぞ(任意)
(例:〇〇市で外壁塗装を考えています。見積りをお願いしたいのですが●日に訪問可能でしょうか?)
内容確認必須 以上の内容でよろしいでしょうか?よろしければチェックを入れてください。 → 
内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。


入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

※ メールアドレスに誤字がありますと返信出来ませんので、ご確認の方よろしくお願い致します。

※ お問合せフォームからのご相談は、24時間以内の返信を心掛けていますが、最近、まれに『問い合わせしたけど返信がない』と御聞きする事があります。何かしらの原因で、そのような状態になっていると考えられますのでお手数ですが再度、メールアドレスまでよろしくお願い致します。

メールアドレス
nagahama@eiken-kohgyo.jp

   

大阪・奈良で屋根塗装・外壁塗装・防水工事をお考えの方は塗装専門店の(有)永建工業へ。【電話:0120-377-376/受付:8時~20時土日対応】メール相談・御見積り依頼は24時間受付。『後悔しない塗り替えガイドブック』無料進呈中。

お問い合わせはこちら