■外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご質問・ご相談・お見積り依頼は随時受け付け中!まずは無料相談から       
re_img_06
re_img_08
re_img_03
re_img_10
re_img_11

年別アーカイブ: 2014年

今年一年ありがとうございました。

26.12月
先ほど、御見積書を提出し今年最後の業務が終了致しました。


この一年を振り返り、自社にとって印象に残る出来事を挙げたいと思います。


 

6月に店舗来店型にしました。20141230 (3)_R


お客様をお迎えできる体制に。という事で店舗を借りて営業を始めました。とうぜんですが塗替えをメインにしておりますのでお客様がひっきりなしに訪れるという事はありません。忘れた頃にいらっしゃるくらいの頻度(笑)。ですので来年はもっと来て頂けるように魅力あるものにしていきたいと考えています。塗り替えセミナーなんかもいいですね。

 

ニュースレター発行。20141230 (1)_R

構想5年作製3年でニュースレターを発行しました。たった4ページ程度ですが冗談でもなくホントにこのくらいの期間がかかりました。というのも5年前から作ろうとしたら忙しくなり頓挫。これを何回繰り返したか分かりません。単に優先順位だけの話なのですが、今回は集中して作りましたのですぐに出来ました。

が、が、2号まで送って満足したわけでもありませんが、忙しくなりまたまた頓挫してしまいました(汗)。ニュースレターをご請求くださったお客様から工事依頼を頂きましたので弊社にとってニュースレター自体なくてはならないものと自覚しています。3号目は年明けの1月予定です。

 

日本塗装名人会が本格的に活動開始。20141230 (4)_R

日本塗装名人会はこの工事日記で何回か紹介させていただいてる塗装団体ですが今年から本格的に活動致しました。

去年の今ごろに書いた記事です。⇒ 日本塗装名人会始動

本物の塗装を提供する団体、日本塗装名人会については来年改めてご報告したいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・

改めましてですが、この一年本当にありがとうございました。
ご質問、ご相談くださった方々。御見積り依頼をいただきながら弊社の力不足で今回はご縁がなかったお客様。最後に、数多くの施工業者から弊社をお選びいただいたお客様。

全ての関わった方に感謝したいと思います。
ありがとうございました。


5年前、この仕事に対して熱が冷めてた時期がありました。来る仕事を淡々とこなすだけの毎日。創業時に思い描いた世界と現実とのギャップに情熱がなくなっていく日々。別にこの仕事でなくてもいいのではないか?とさえ思っていました。


そんな考えがだんだんと変わってきたのは一般のお客様からご依頼いただくようになってからでした。お客様の声、直接いただく感謝の言葉。このような声を戴けるようになってから『塗装って素晴らしいな。』と心底思えるようになりました。


初心忘るべからず


来年も、初めてご依頼いただいた時の気持ちを忘れずお客様目線な施工を心掛けます。引き続き弊社エイケン工業をご愛顧いただけますよう、お願い申し上げます。


年末年始休業のご案内


2014年12月30日(火)~2015年1月4日(日)
の6日間、お休みさせていただきます。
1月5日(月)9:00から営業開始いたします。
 

シーリングの厚み確保

26.12月
まずは近況のご報告から。ここ一か月で完了したお家で公開可能なお客様のみ掲載したいと思います。

 

■富田林市Y様
・外壁 ファイン4Fセラミック
・屋根 ガイナ
20141214 (1)
 
■柏原市I様
・外壁 ファイン4Fセラミック
・屋根 サーモアイ4F
20141214 (2)
 
■羽曳野市K様
・外壁 パーフェクトトップ
・屋根 サーモアイSi
20141214 (3)
 
■柏原市Y様
・外壁 ファイン4Fセラミック
・屋根 ガイナ
20141214 (4)
 
■堺市S様
・外壁 アステックペイント EC-2000F
・屋根 ガイナ
20141214 (5)
 
■枚方市H様
・外壁 TOTO ECO-HG(光触媒)
20141214 (6)


改めて振り返るとシリコンでの塗装がめっきり減りました。弊社にかぎって言えば高耐候、あるいは機能性をもった塗料。従来のシリコン等ではなくいわゆる1ランク上の塗装を選択される方が増えたように思います。


もちろん、シリコンの塗装がだめなわけではありません。最低限の機能はもっていますのでニーズが一致したお客様にはシリコンで。それとは別の話でお客様のご要望自体が多様化しているように感じます。


さて、塗り替えの際の機能性塗料はいいに越した事はありませんがそれよりも重要なのは下地作りです。今回はそちらのお話しをしたいと思います。

こちらはシーリングの打ち替え前、打ち替え後の写真になります。シーリングを打つ際、気を付けなければならないのが厚みの確保です。

141213_102555

こちらは既存のシーリング材がボロボロの状態で防水機能を発揮していません。また、新築時の張り方が厚みを確保できない施工となっています。

141214_161111

そしてこちらが厚みを確保したシーリングの打ち方になります。ここまでやると防水性が機能します。


シーリングも塗料も同じです。規定量(この場合は厚み)を充分に充填することによって本来もっている性能を発揮できるのです。


年末までは数棟となりましたが、事故なく完了させ正月を迎えたいと思います。寒さ厳しくなっておりますが、くれぐれもご自愛ください。
 
 

原島塗装店さん訪問

 

26.12月先日、さいたま市の原島塗装店さんへ訪問してきました。

原島さんについては一年ほど前に書いた記事をご覧ください。⇒塗装業界のパイオニア

 


原島さんにとってこの一年間は辛い年になったでしょう。

というのも去年の暮れに妹さん、今年の10月にお母様。と短い期間の中で大切なご家族を二人も病気で失いました。


会者定離・・・。

愛別離苦・・・。


去年自分も経験しましたが、生まれた時から当然のごとく居るはずの家族を失う。その辛さは当事者でしかわかりません。
しかも一年で二人もとなると相当なものでしょう。


顔を見て元気だったらそれでいい。
そう思ってさいたま市まで行くことにしました。


同行したのは成田塗装の大倉社長です。
今回の言いだしっぺでもあります。
20141201 (2)


着いたのは、夜の7時をまわっていましたので真っ暗になっていましたが看板をパチリ。


昔からいつか訪れてみたい。と常々思っていたペイントカフェです。


ピンポンを鳴らし、出てきてくれたのは原島さんです。
『ほんとに来たの?~入って、入って』
と笑顔で迎えてくれました。


仏前には、お母様の若い頃のお写真が並べられており、お母様に対する愛情の深さがヒシヒシと伝わってきました。今はお辛いでしょうが時間が解決してくれることでしょう。


この後
『せっかくきたので、、』ということで御飯に誘っていただきました。こんな機会もそうそうにないので、短い時間でしたがじっくりとお話させていただきました。その中で印象的だったのが、「らしさ」と「在り方」のお話しです。


現在、群雄割拠の状態にある塗装業界のWEBサイトですが、元祖を紐解けば原島さんに行き着くということに異論を挟む人はいないでしょう。


15年前、WEBサイトで一般のお客様から受注する。という背景には
 

・一部の元請けからの理不尽な要求。
・下請け・孫請けでの苦しい現状を変えよう。
・塗装業として世間に認知していただこう。


という思いからスタートしたと認識しています。

原島さんの著書にもそう書いてあります。


20141201 (3)

そのお陰で、後発組の我々はずいぶんと仕事をしやすくなりました。

一般の方が見ず知らずの私に連絡をくださり仕事を頂戴できること。また、ボランティアでは小さいお子さんと一緒にペンキを塗れること。

昔からすれば考えられない世界です。


業界の地位向上と発展。

これは、原島さんをはじめとした先輩方のお陰であります。


原島さん曰く
『会社を大きくするとかよりも自分は背伸びをせず、原島塗装店にご依頼くださったお客様にいい品質の工事を提供していき、そしてこれからも全国の塗装店の仲間と交流を深めていきたい。それが自分らしさであり、原島塗装の在り方。』とのこと。


近々、今度は原島さんが大阪に来られるそうなので、その時は駆け付けたいと思います。突然の訪問にも関わらず、快く迎えてくださりありがとうございました。


20141201 (1)
左から、大倉さん、原島さん、自分

新 外壁色登場  

26.11月

日本ペイントのカタログに新しい色が加わりました。今までのカタログは標準色として28色ありましたが、19色を新たに追加。
47色となりました。


 

日本ペイント 新標準色 19色追加
20141129 (3)

 


日本ペイント 従来標準色 28色
20141129 (2)

 
日本塗装工業会  塗料標準色(ポケット版)

20141129 (1)



外壁の色選びとしては本音のところ、今までの28色は若干少ないように感じていました。もちろん標準色で決まらない場合は日本塗装工業会が発行しているポケット版から選べばいいわけですが、標準色で選んでいただいた方が色選びに失敗しにくく、新色により選択幅が広がるのは大歓迎です。


ぱっと見たところ、ND-376、ND-372なんかはいい色合いだと思いました。自分好みです。ND-371もいいですね。いやちょっと待てよ、ND-530も落ち着いていい、、、なんて先ほど独りで眺めていました(笑)


もちろん、よくでるパーフェクトトップ、ファイン4Fセラミックなど戸建て住宅で比較的よく使う塗料は対応可能となっています。


今、ちょうど数組のお客様が色選びの検討に入られていますので直送でお送りしたいと思います。

訪問販売の外壁塗装提案


26.11月
先日、お問合せいただいたお家にご訪問したのですが、一瞬家を間違えたのではないか?そう思うくらい綺麗な外観でした。それもそのはずで築年数は数年のお家。


よくよくお客様に聞けば、つい最近訪問販売の業者様が回ってきて壁の不具合を指摘されたとの事。
 

その指摘された箇所を見てみると・・・
うーん、別になんともないですが。
 

どうしても塗って欲しいというご要望であれば、仕事なので御見積りしますが、今はまだ必要ではない。そう判断しました。
 

正直、ここ最近このパターン続いています(笑)
ほとんどの方が
『安心しました。相談してよかったです』
と言ってくださるのがまだ救いですが・・・


訪問販売の業者様から指摘を受け、あるいはハウスメーカー様の定期点検によって外壁が気になりだす。そこで弊社にお問い合わせをいただくこと。これは大変多いです。その結果、施工したお家は数多くあります。

 
たまたま自分が知らないだけで、そのような流れになったお客様もいることでしょう。なので結果的にはその業者様がきっかけ作りをしてくださってるわけで心境としては複雑です。

 

営業スタイルはそれぞれなので、ウチがどうこう言う事でもないのですが、それでも自分が判断して不要なものは不要だということです。もちろん、ケースバイケースで塗装工事が必要と判断するときもあります。

時期がくればその時にされたらいい。
『その際はぜひ弊社にご連絡を。』の一言と名刺をお渡しするのは忘れていません(笑)

月々雑感プチカスタム


26.11月

ご報告ってほどの事でもないですが、この工事日記『月々雑感』をプチカスタムしました。


以前のは、記事がずらっと下までスクロールしなければなりませんでしたが、ご覧のとおり左右のメニューに・月別・題名でまとめてみました。


まだ、もう少し編集の余地はありますが、以前に比べ見やすくなったのではないかと思っています。


自分の中で塗装工事に関することはこの工事日記。日常のプライベートなことはライブドアブログという位置づけをしています。




この工事日記を始めたのは2010年の3月ですから、今から4年以上前のこと。当時は『アメブロでアクセスを10倍増やす方法』とかが流行っており知人からそういうセミナーの誘いもありましたが、自分の中ではいまいちピンとこなかったの参加しませんでした。


そもそも、工事の日記は自社のホームページに書いた方がまとまりがいいし、塗装工事に興味のない人をたくさん集めても意味がない、と思ったからです。



結果、現在では一般論として自社のホームページにブログを載せる事が推奨されています。このあたり正解はありませんので一概には言えませんが。


誰にも言われないので言いますが、そういうとこに浮気をせずコツコツと自社のホームページに記事を増やしてきたこと。自分で自分をほめたいと思います(笑)




しかし、今回ちょっと大変だったのは移行作業です。古くに書いた工事日記を新しい場所に移していく、いわゆるコピペするだけなのですが数がそこそこありますから、半日くらいの時間を費やしました。


自分の書いた記事ではありますが、(へーこんな事書いてたんや)とか(あ~懐かしい~)と読み返しながらそう感じていました。中には恥ずかしくて消去したい衝動に駆られた記事もありましたが、それも歴史なんでグッとこらえてそのまま掲載しています。


たまに、お客様から『あの記事読みましたよ』とか『あれはどういう意味だったのですか?』と聞かれることがあり、そういう反応があった時は平静を装っていますが、心の中ではスキップしております(笑)それぐらい嬉しいです。


引き続き月数回ペースですが、工事日記『月々雑感』をよろしくお願い致します。


社長TV


26.11月
約一か月前に撮影した『社長TV』の動画がUPされました。

※7分程度の動画になります。お時間のある時にご覧ください。下記の画像をクリックすると、社長TVサイトに移動します。


社長TV





社長TVは全国の社長が自社の事について語る。というインターネットの動画サイトです。

以前から静岡の同業者さんである(有)アップリメイクの齋藤社長が出演されており、今年の初め齋藤社長にお会いした際、社長TVについてお聞きしたところ『評判は上々ですよ』とお聞きしたので出演する事に致しました。

余談ですが、齋藤社長が社長TVの中で【自分の鞄の中にはいつも松下幸之助さんの本を入れてる】と語っていましたので、ちょっとイジワルに『齋藤さん、鞄の中に本入ってる?』と聞くと本当に入っていました(笑)疑ってすいません。


さて、撮影時は聞き手の方が上手だったせいか緊張も特になかったのですが、自分の事を語るのって難しいですね。こういうのに出演すると疲れがどっとでます。


10月はこれ以外にも、一般雑誌、業界新聞の2社から取材をお受け致しました。なぜ自分が?と謎ではありますが、それはともかくそれぞれ今月中に発行予定と聞いております。ご興味ないでしょうが(笑)そちらも発売したらお知らせしますね。

 

 

メーカーの営業マン

26.11月
仕事上でお世話になっているメーカーさんの新人営業くんが、
事務所まで訪ねてこられました。



わざわざウチにまで来てくださるのだから
商品の説明・セールスだと分かっていましたが、お会いしてすぐにいただいたのがこの額縁。

1101

もちろん私の名前ですので世界でただ一つのオリジナル。


『先見性と誠実さに優れた経営者』と、過分な言葉で書かれており、
10年後、いや数年後にはそうなりたいと思いますが、それよりも社会にでてまだ間がない若者が時間を費やして作ってくれたことに対し感謝したいと思いました。


聞けばこの新人くん、以前に営業担当していた塗装屋さんは、自分の友人だったとか。
その友人は自分より年下ですが、優しさと男気あふれる熱血漢。
営業くんも友人の影響を受けているのか笑顔が素敵な好青年です。

 

実際のところ、ウチがお客様にご提案する際の塗料ですが、高品質な事が第一条件。いい塗料であるのは当然のことですが、それに加えメーカーさんの顔が見えなければ売る気がしないんですね。

 

生意気な言い方をすると、
いくらいい塗料であったとしても、、、
どれだけ高機能であったとしても、、、
メーカーさんの思いや、営業マンの心の部分が伝わらなければご提案したくないわけです。

 

好きな塗料、思い入れのある塗料だからこそ
喜んでいただける仕事につながる気がしています。

 

よく、飛び込みで販売店さんが来られることがありその際、開口一番に『金額は頑張れますが・・』的な事を言う方がいますが、そこを推されても響かないなぁ~なんて思ったりします。

 

さて、この額縁をプレゼントして戴いたあとに商品の説明、セールスの話が続きましたが、自分はと言うと優しく素直な心で聞けたのは言うまでもありません。
う~ん、我ながら単純です(笑)

日本塗装名人会

26.10月
昨日は、日本塗装名人会の先輩、友人が弊社まで遊びに来てくださいました。



会長である  (有)西谷工業 西谷社長

塗装業界のカリスマ   (有)麻布 池田社長

岐阜の職人魂  (有)大野塗装 大野社長

群馬の怪物  (株)ミヤケン 宮嶋社長

名人社の頭脳  (株)リクト 山口社長

あと、紅一点 池田社長の奥様 恵子夫人。

10 28 (2)

少しでも笑かそうと、この姿で新大阪から地下鉄に乗ったそうです。
ありがとうございます。尊敬します(笑)


日本塗装名人会は以前にもこの月々雑感でご紹介しています。
 日本名人会始動

お読みになるとご理解いただけると思いますが、日本塗装名人会は塗装会社が運営する団体になります。



弊社もその一員として末席を汚しており、その激励のためわざわざ大阪までお越しくださったというわけです。


また、関西からは(有)成田塗装の大倉社長と(株)トミックスの水落社長も途中からご参加いただきました。

やはり同業者の集まりはいいもんですね。同じ時代に、同じ業種であったからこそ出会えた仲間。ほんとありがたいです。


自社の事を考えるだけならば利益追求型になればいいだけのこと。業界全体を変えようとなると私利私欲だけでは何も起こりません。同じ思いの仲間が一つの理念にむかって突っ走る。日本塗装名人会がこれからの塗装業界を変えていきます。

10 28 (1)

 最後に記念撮影。遠いところからお越しくださりありがとうございました。

私の何がイケないの?ガイナGAINA

26.10月ビックリするような見出しでごめんなさい。

お客様から言われたわけでもなく、、、

また自分自身が言ったわけでもなく、、、

もちろん嫁さんから言われたわけでもありません(笑)


【私の何がイケないの?】というTV番組はご存知でしょうか?自分はこの時間帯に帰る事がありませんので知りませんでしたが、来週の放送分で断熱セラミックのガイナが取り上げられるそうです。


ガイナでお世話になっている日進産業の滝川さんから聞くところによると、芸能人の欠陥住宅リフォーム特集だそうで、マイケル富岡さんの自宅の内装にガイナを塗るとのこと。
 

マイケルさんのお家は地上3階・地下1階の豪邸。3階においてはろうそくが溶ける程の暑さと、地下では結露、また1階では底冷えするような寒さで困っていたそうです。


ガイナはご存知のように夏の暑さをやわらげる塗料として有名です。

果たして、結露や冬の寒さにも効果があるのか?・・・・


26.10.22 (2)

『他の芸能人の方にも勧めたい!』
マイケル富岡様の声、と書いてありますね、失礼しました。

いや、結果は分かっていても見てみたい(笑)
水戸黄門を見る心境でございますが
お時間がある方は、ぜひご覧ください。

自分も、その日は早く帰って番組を見たいと思います。

■10月27日 月曜日

■TBS系列 夜19:00~19:54

■私の何がイケないの?

 

10/28追記

上記に『私の何がイケないの?』10月27日放映分の中でガイナが紹介されます、と告知していますが、関西エリアは『魔法のレストラン』が放送されるという痛恨のミスをおかしてしまいました。


少し調べればわかる事でしたが、特別番組なので全国放送されると勝手に思い込んでしまいました。放送を楽しみにされてた方に対し配慮がかけており本当に申し訳ございません。

UVプロテクト4Fクリヤー

26.10月
日本ペイントのUVプロテクトクリヤーに新しくフッ素タイプのクリヤーが加わりました。



ご存知がない方にご説明しますと、日本ペイントのUVプロテクトクリヤーは現在のサイディングの意匠性を一切変えずに保護をする透明の塗料です。


もしかすると、家を建てる時に「こだわってサイディングを選んだ」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。


そろそろ塗り替えはしたい・・・でも現在の模様が気に入ってる。


そんな方にはピッタリの塗料で、外観の雰囲気はそのままで、サイディングの寿命を延ばすことが出来ます。


下の画像に『どちらがいいですか?』と書いてありますように、いわゆる【塗りつぶし(右側)に抵抗感のある人】にはおススメ塗料です。

UV4F
高意匠サイディングボード用セラミック系外壁保護クリヤー


ただし、注意点がありまして施工出来るのはサイディングを貼ってから(新築から)10年位の外壁になります。もちろん10年と言うのはあくまで目安で、10年を越えていたとしても、色褪せしていない、劣化していない外壁には施工可能です。

※このあたりは現場判断です。


ちなみにですが、チョーキング(手に白い粉が付く)が起こるのは、樹脂に顔料が入ってるためです。その顔料が紫外線にやられる為に、色褪せ、塗膜の劣化が始まるのですが、UVプロテクトクリヤーは樹脂だけで形成された塗料なので劣化しにくいのが特徴です。

外壁 (1).jpg
チョーキング現象。


今までのUVプロテクトクリヤーはシリコン樹脂系のみの販売でしたが、今回はさらに進化させたフッ素樹脂系の4Fクリヤーバージョンが登場です。


日本ペイントの主力商品であるパーフェクトトップと同じく、息の長い塗料になる予感がしています。
 

〇〇塗装ちょっと待って

26.10月


紹介比較サイトというのはご存知でしょうか?

塗装業者を探している一般の方の代わりに、塗装業者を紹介するサイトの事です。


そこに申し込むと、
3社程度の塗装業者を紹介してくれる。というわけです。
流行ったのは3.4年前からでしょうか。



客観的に見て、いい面と悪い面がありますが
今回の記事とは本質がズレますので、次の機会に。
 
 
 
それとは、また別の話でして

ここ数日、お友達の同業者さんが自社の名前で

〇〇塗装

とYAHOOで検索すると、このような検索結果になるそうです。
 
20141013 (1)
 
少しビックリするのは、赤で囲んだ広告の部分です。
 
****************************************

〇〇塗装ちょっと待って
警告!塗装工事・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
****************************************

仮な話

永建工業

とYAHOO検索すると

永建工業ちょっと待って

と広告枠の中に、そのような文言が表示されるわけです。
 
 
つまり、一般の人が、会社名で検索すると
〇〇塗装ちょっと待って
と広告枠に表示され、そちらのサイトに誘う仕組みです。


クリックすると
行き着く先は、紹介比較サイト。

中身は、3社で相見積りをとって
こんなに安くなりました。的な内容です。


なるほど、、、ヨソの会社名を利用してまでの集客。
なりふり構わぬ姿勢、感心します(笑)

 
先日からお友達の塗装屋さんは大多数やられており
明らかに、これはやりすぎではないかと思います。


それより、、、それよりも腹が立つのは
さっき例として言いましたが
 

永建工業とウチの名前で検索しても
その広告が提示されないことです(笑)


それほどウチは有名じゃないのか。。
いや、俺だって頑張ってるよ。
 

と言う訳で、モラルのない業者さん
ウチの時も掲載してくださいよ(爆)


ご相談・お問い合わせフォーム

お問合せ内容必須
(※いずれかをお選びください)
弊社からの返信方法必須
(※いずれかをお選びください)
お電話を選ばれた場合の電話番号(任意)
(※例:06-4308-4318)
お名前必須
(例:永濱 ※苗字でOKです。)
メールアドレス必須
(例:xxxxx@xyz.jp)
画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
(任意)
※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。

※各ファイル2メガまで
画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
(任意)
※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。
ご質問・ご相談・お見積り依頼等についてはこちらへどうぞ(任意)
(例:〇〇市で外壁塗装を考えています。見積りをお願いしたいのですが●日に訪問可能でしょうか?)
内容確認必須 以上の内容でよろしいでしょうか?よろしければチェックを入れてください。 → 
内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。


入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

※ メールアドレスに誤字がありますと返信出来ませんので、ご確認の方よろしくお願い致します。

※ お問合せフォームからのご相談は、24時間以内の返信を心掛けていますが、最近、まれに『問い合わせしたけど返信がない』と御聞きする事があります。何かしらの原因で、そのような状態になっていると考えられますのでお手数ですが再度、メールアドレスまでよろしくお願い致します。

メールアドレス
nagahama@eiken-kohgyo.jp

   

大阪・奈良で屋根塗装・外壁塗装・防水工事をお考えの方は塗装専門店の(有)永建工業へ。【電話:0120-377-376/受付:8時~20時土日対応】メール相談・御見積り依頼は24時間受付。『後悔しない塗り替えガイドブック』無料進呈中。

お問い合わせはこちら