■外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご質問・ご相談・お見積り依頼は随時受け付け中!まずは無料相談から       
re_img_06
re_img_08
re_img_03
re_img_10
re_img_11

シーリングの厚み確保

26.12月
まずは近況のご報告から。ここ一か月で完了したお家で公開可能なお客様のみ掲載したいと思います。

 

■富田林市Y様
・外壁 ファイン4Fセラミック
・屋根 ガイナ
20141214 (1)
 
■柏原市I様
・外壁 ファイン4Fセラミック
・屋根 サーモアイ4F
20141214 (2)
 
■羽曳野市K様
・外壁 パーフェクトトップ
・屋根 サーモアイSi
20141214 (3)
 
■柏原市Y様
・外壁 ファイン4Fセラミック
・屋根 ガイナ
20141214 (4)
 
■堺市S様
・外壁 アステックペイント EC-2000F
・屋根 ガイナ
20141214 (5)
 
■枚方市H様
・外壁 TOTO ECO-HG(光触媒)
20141214 (6)

改めて振り返るとシリコンでの塗装がめっきり減りました。弊社にかぎって言えば高耐候、あるいは機能性をもった塗料。従来のシリコン等ではなくいわゆる1ランク上の塗装を選択される方が増えたように思います。

もちろん、シリコンの塗装がだめなわけではありません。最低限の機能はもっていますのでニーズが一致したお客様にはシリコンで。それとは別の話でお客様のご要望自体が多様化しているように感じます。

さて、塗り替えの際の機能性塗料はいいに越した事はありませんがそれよりも重要なのは下地作りです。今回はそちらのお話しをしたいと思います。

こちらはシーリングの打ち替え前、打ち替え後の写真になります。シーリングを打つ際、気を付けなければならないのが厚みの確保です。

141213_102555

こちらは既存のシーリング材がボロボロの状態で防水機能を発揮していません。また、新築時の張り方が厚みを確保できない施工となっています。

141214_161111

そしてこちらが厚みを確保したシーリングの打ち方になります。ここまでやると防水性が機能します。

シーリングも塗料も同じです。規定量(この場合は厚み)を充分に充填することによって本来もっている性能を発揮できるのです。

年末までは数棟となりましたが、事故なく完了させ正月を迎えたいと思います。寒さ厳しくなっておりますが、くれぐれもご自愛ください。

 
 
関連記事はこちら

ご相談・お問い合わせフォーム

お問合せ内容必須
(※いずれかをお選びください)
弊社からの返信方法必須
(※いずれかをお選びください)
お電話を選ばれた場合の電話番号(任意)
(※例:06-4308-4318)
お名前必須
(例:永濱 ※苗字でOKです。)
メールアドレス必須
(例:xxxxx@xyz.jp)
画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
(任意)
※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。

※各ファイル2メガまで
画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
(任意)
※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。
ご質問・ご相談・お見積り依頼等についてはこちらへどうぞ(任意)
(例:〇〇市で外壁塗装を考えています。見積りをお願いしたいのですが●日に訪問可能でしょうか?)
内容確認必須 以上の内容でよろしいでしょうか?よろしければチェックを入れてください。 → 
内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。


入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

※ メールアドレスに誤字がありますと返信出来ませんので、ご確認の方よろしくお願い致します。

※ お問合せフォームからのご相談は、24時間以内の返信を心掛けていますが、最近、まれに『問い合わせしたけど返信がない』と御聞きする事があります。何かしらの原因で、そのような状態になっていると考えられますのでお手数ですが再度、メールアドレスまでよろしくお願い致します。

メールアドレス
nagahama@eiken-kohgyo.jp

   

大阪・奈良で屋根塗装・外壁塗装・防水工事をお考えの方は塗装専門店の(有)永建工業へ。【電話:0120-377-376/受付:8時~20時土日対応】メール相談・御見積り依頼は24時間受付。『後悔しない塗り替えガイドブック』無料進呈中。

お問い合わせはこちら