■外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご質問・ご相談・お見積り依頼は随時受け付け中!まずは無料相談から       
re_img_06
re_img_08
re_img_03
re_img_10
re_img_11

雨漏りを修理してから外壁塗装|東大阪市

塗装前
塗装後
施工後
工事名称 東大阪市 戸建住宅 K様邸 外壁塗装
外壁仕様 パーフェクトトップ (日本ペイント)
付帯部 ファイン4Fセラミック (日本ペイント)
工期 17日間
担当者永濱のコメント
ホームページからのご依頼です。

1階がRC構造、2,3階が木造住宅になります。 当初、お客様の方で破風板が欠落していること、また1階のRC部分からは強風時のみ雨漏りしていることをお気づきになりお問い合わせいただきました。

破風部分は3階建てですので修理するためには必然的に仮設足場が必要になります。外壁のシーリングも劣化しており、どうせなら塗装もということでご発注いただきました。

塗装以外のお話で言いますと、3階部分の破風板と1階RC部分の雨漏りを直す必要があります。まず3階部分の破風板欠落箇所ですが、雨仕舞が悪く軒天ボードにまで悪影響を与える貼り方だったため破風板を交換するより板金でのカバー工法をしたほうが雨仕舞がいいと判断し板金での処理をしました。

1階RC部分の雨漏りは新築時に窓を入れた際に塗るモルタルとRCが剥離しクラックが入っていることが原因でした。今回はRC部分の割れ箇所にVカットをしてその後コーキングをたっぷり充填し雨漏りを止めています。2階、3階のサイディング外壁面も同様にコーキング劣化が激しいのでコーキングの交換をします。

外壁塗装の話に戻しますと正面のサイディング、その他3面のサイディングで下塗り材を使い分けます。正面サイディングは既存塗膜がリシンで吸込みが激しいためです。こちらはパーフェクトサーフを下塗りに使用しました。その他の3面は通常のサイディングですのでカチオンシーラーを塗っています。仕上げはどちらもパーフェクトトップになります。

施主様がお選びいただいたND-376という落ち着いた色がタイル面とよくマッチし以前の外壁と比べ見違える仕上がりとなりました。

K様 ご依頼いただきまして有り難うございました。

  • 1階はRC、2、3回は木造の3階建て住宅です。お洒落な意匠タイルが印象的です。

  • 1階RCのサッシ部分からは、風雨の激しい時に雨漏りが発生するそうです。

  • サイディングの継ぎ目も、経年による劣化が進行しています。

  • 破風が剥がれ落ちている箇所。板金カバー工法で対応します。

  • 外壁も汚れや雨垂れが目立ってきているので、外壁塗装も併せて行うことになりました。

  • まずは足場を組み、飛散防止シートを設置します。お隣にペンキが飛ばないようシートを二重にします。

  • 高圧洗浄し、汚れを徹底的に落とすところからスタートです。

  • サッシを洗浄しているところです。

  • 雨戸です。高圧洗浄するだけでも白さがよみがえってきます。

  • もちろん外壁も。すみずみまで洗浄していきます。

  • 塗装しない場所も、敷地内は全て綺麗に洗い流します。

  • 排水溝の中まで完璧に…。

  • 玄関タイルも。普段のお掃除ではありえないほどピカピカになります。

  • 次に行うのは、劣化したシーリングの処置です。まずは全て撤去します。

  • プライマーを塗布し、密着性を高めます。

  • シーリング材をたっぷりと充填。

  • 丁寧にヘラでならし、仕上げていきます。

  • 雨漏りの発生していたサッシ周りは、V字に掘り込みます。

  • プライマーを塗布します。

  • シーリング材をしっかりと打ち込み、雨漏りを完全にブロックしました。

  • さて、破風板の話をします。ここまで破風板が劣化したのは雨仕舞いの悪さが原因でした。

  • 図を見て頂くとボードの貼りあわせが悪く劣化を早めたのが分かります。

  • 写真では分かりにくいですが、底部分にまで板金を巻き再発をふせぎました。

  • それでは、塗装工程のスタートです。まずは軒天の塗装から開始します。

  • 使用するのは、防カビ塗料のケンエースGⅡです。

  • サイディング面は水性カチオンシーラー。

  • リシン面は仕上がり重視でパーフェクトサーフを塗ります。シーラーだと塗りムラになりやすいためです。

  • ガレージの中もパーフェクトサーフを下塗りします。

  • こちらがパーフェクトサーフです。既存下地によって下塗り材を変えることが大切です。

  • ガレージの下塗りが完了しました。

  • 上塗りは全面、パーフェクトトップを使用します。

  • 1回目の上塗り作業中です。

  • ベランダの内側など、狭いスペースもきっちりと塗装します。

  • 2回目の上塗り作業です。

  • 上塗りの完了したガレージです。

  • 基礎との境にあたる、水切りを錆止め塗装します。

  • 雨戸、庇、樋などの付帯部は全て、ファイン4Fセラミックが標準仕様です。

  • 高圧洗浄時に密着不良で落ちてしまったタイルです。

  • 新たに貼りました。

  • 作業完了後、最後に足場を撤去します。

  • 落ち着いたカフェオレブラウンにイメージチェンジ。

  • 街並みにしっくりと溶け込みながらも、ひときわ際立つお宅になりましたね。

【エリア別リンク】

instagramバナー

ご相談・お問い合わせフォーム

    お問合せ内容必須
    (※いずれかをお選びください)
    弊社からの返信方法必須
    (※いずれかをお選びください)
    お電話を選ばれた場合の電話番号(任意)
    (※例:06-4308-4318)
    お名前必須
    (例:永濱 ※苗字でOKです。)
    メールアドレス必須
    (例:xxxxx@xyz.jp)
    画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
    (任意)
    ※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。

    ※各ファイル2メガまで
    画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
    (任意)
    ※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。
    ご質問・ご相談・お見積り依頼等についてはこちらへどうぞ(任意)
    (例:〇〇市で外壁塗装を考えています。見積りをお願いしたいのですが●日に訪問可能でしょうか?)
    内容確認必須 以上の内容でよろしいでしょうか?よろしければチェックを入れてください。 → 
    内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。


    入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

    ※ メールアドレスに誤字がありますと返信出来ませんので、ご確認の方よろしくお願い致します。

    ※ お問合せフォームからのご相談は、24時間以内の返信を心掛けていますが、最近、まれに『問い合わせしたけど返信がない』と御聞きする事があります。何かしらの原因で、そのような状態になっていると考えられますのでお手数ですが再度、メールアドレスまでよろしくお願い致します。

    メールアドレス
    nagahama@eiken-kohgyo.jp

       

    大阪・奈良で屋根塗装・外壁塗装・防水工事をお考えの方は塗装専門店の(有)永建工業へ。【電話:0120-377-376/受付:8時~20時土日対応】メール相談・御見積り依頼は24時間受付。『後悔しない塗り替えガイドブック』無料進呈中。

    top
    お問い合わせはこちら