■外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご質問・ご相談・お見積り依頼は随時受け付け中!まずは無料相談から       
re_img_06
re_img_08
re_img_03
re_img_10
re_img_11

年別アーカイブ: 2010年

一年間感謝です。

 

弊社の現場作業は28日で完了いたしました。

一応、来年の準備があるため本日30日までゴソゴソとやっております。

 

仕事に関しましては何かと課題が見つかった一年でした。

 

改善点はもろもろとあるのですが

ことホームページ上だけにして関して言いますと

最近、『このくらいの小さな仕事なんですが頼めるでしょうか?』との

問い合わせが多くなっている様な気がします。

 

そのほとんどが小規模の塗装でして

浴室の塗り替え、お家の内部の塗装、塀のみの塗装

などです。

 

こちら側から『全然かまいませんよ』と言うと

安心されて依頼していただけます。

 

外壁塗装専門店として発信しているためか

または小規模工事の画像をUPしていないためのせいなのか

お客様の方が頼みにくく若干、躊躇しているのかもしれません。

 

もちろん

その様な仕事は外壁塗装につきものですから得意にしております。

単体の小さな工事でも全然かまいません。

仕事に対しては大きい、小さいは区別しないスタンスで

今までやってきました。

 

安心して頼みやすい雰囲気をホームページから

発信できたらいいかと思います。

    

もうひとつは

施工価格についてです。

 

今、現在も価格については載せていますが

もう少し分かりやすい表記に出来ないものかと考えています。

外壁を平方メートルで表記した場合

やはり複雑すぎるのではないかと前々から思っていました。

 

 

私共に

お問い合わせいただいてる、ほとんどのお客様は

自分のお家の㎡数がいくらか?より

どれだけ仕事をキッチリしているか?その上で予算内に収まればよい。

とお考えの方が多いように見受けられます。

 

  

『自分の家ならいくら位かかるだろう?』という金額を 

ある程度の目安として

ご理解出来る様に表記しなければなりません。 

 

そんなわけで近日中にも 

塗装価格を分かりやすく掲載したいと思います。

    

最後に

今年は、たくさんのお客様に出会う事ができました。

 

 

今年一年間、弊社とご縁のあった方、

またご縁はなかったけれども、お問い合わせいただいた方

本当に、本当にありがとうございました。 感謝しております。

      

皆様、良い年をお迎えください。

 

※新年は六日からになります。

 

外壁塗装前の道路専有許可

 

月々雑感12月 (1).jpg 月々雑感12月 (4).jpg
外壁塗装 屋根塗装
月々雑感12月.jpg
外壁塗装 
 

 

現在、3軒施工中です。

いずれもホームページからのご依頼で大変ありがたいのですが、

ここ2.3日不安定な天気が続いています。嫌になるなぁ(-_-;)

 

当然ながら年末までに完了しなければならないので

天気予報で雨になっていると胃がキリキリしてしまいます。

    

『ペンキ屋殺すなら刃物はいらぬ 雨の三日も降ればよい』って

よく昔の職人さんは言ってました。

三日程度の雨で殺されたらたまったもんじゃないですが 

うまい事言うもんです。

 

 

まあ、明日から晴れがつづくので

ひとまず安心ですが・・・

 

 

さて

塗装前の下準備を少し書こうと思います。

 

お客さまとの打ち合わせ・近隣あいさつも当然あるのですが

それとは別に

電線の保護カバーの依頼 

道路占用許可

などがあります。

  

ほとんどのお家では必要ありませんが

対象になる場合は必ずしておかなければなりません。

 

   

月々雑感12月 (2).jpg

保護カバーをしています。

 

    

上の写真は現在施工中のお家なのですが

電気の引き込み線が外壁付近にあります。

 

むき出しの電線が 

工具や体が当たると

大変危険です。

 

感電などの事故につながる可能性がありますので

前もって最寄の電力会社(関西電力など)に保護カバーの装着依頼をします。

 

数日中以内に来てもらえます。

  

これで大丈夫というわけではありませんがひとまず安心で作業にかかれます。 

 

必ずやっておいた方がいいです。

   

また道路占用許可も重要です。

 

月々雑感12月 (3).jpg 

    

道路に足場を建てる場合は、これもまた最寄りの警察署に

届出をださなければなりません。

 

通行人の妨げにならない事や車のう回路の指導をうけます。

 

諸々の書類を作成して、警察署と市役所をそれぞれ

2.3回往復します。何回してもこれだけは苦手です。(^_^;)

 

     

正直なところ面倒ではあるのですが

これをやっておかないと

近隣から苦情や通報があると工事をストップされるそうです。

 

 

いずれも業者側がする事であり

対象になる方は少ないかもしれませんが

リフォームをされる際はお気をつけください。

   

※リフォーム講座みたいなブログになってしまいました。

 

世界一高額なビフォーアフター?!

 

先日完了したお客さまと雑談の最中

 お客さまが

永濱さんのとこのホームページのビフォーアフターって違いが分かりませんよね~」

とおっしゃいました。

   

「そうですか?」とその場は返しましたが

何気ない一言が、なんとなく気になってしまいます。

     

ほんらい施工前・施工後の写真は

ダイエットの「こんなに痩せました」的に違いを見せなければ

意味がありません。

 

今さらながらですが

帰って自社のホームページを確認してみました。 

 

 

う~ん 

たしかにどちらが施工前かわかりません。(^_^;)

 

妙に納得してしまいました。

   

何気ない一言でホームページをプチ改造する気になります。

感謝です。 

 

 

 

ちょっと補足になりますがこのホームページ自体はブログ型と言って

誰でも作れるのが特徴です。HTMLなど専門的な知識がなくても簡単に作れます。

 

   

ですので自分自身が 

お家の施工前・施工後の写真を撮って

画像を適当なサイズに圧縮して貼り付けていたのですが

だめですね。これじゃあ

 

 

というわけで

もう少し見やすくしました。(思い立ったらすぐ出来るのがこのHPの特徴です。)

 
以前のビフォーアフター

 施工前

 

 施工後

buoks7.jpg 

 

 buoks8.jpg

「このままでも問題はないですが

美観的にちょっと」というご要望で

依頼がありました。 

 

 石調の吹き付けで、

2色吹きにしています。

 

なんとなく塗装したのが分かる程度でしょうか。

それをこんな感じにしました。↓ ↓ ↓

buoks7.jpg無題.png 

大東市 欄干 (1).jpg

「このままでも問題はないですが美観的にちょっと」というご要望で依頼がありました。石調の吹き付けで、2色吹きにしています。

 

少しは雰囲気が分かっていただけるでしょうか。

せっかく掲載を許可していただいたお客さまのお家は

キレイに写したいですから。

 

 

全部をするには時間がかかりますから

空いてる時にやっていきたいと思います。

   

*********************************************** 

 

ちなみに上の画像は5、6年前に施工したものです.

 

公共工事だったのですが 

当社にとって世界一高額な画像です。

 

 

たった2枚の画像ですが 

数万円では買えません。ウン十万円かも。。。

 

 

その理由は施工後、未収金のまま

元請けが倒産したからです。

 

 

腹が立って

それから悲しくなり

一ヶ月経つとどうでもよくなりました。 

 

 

お金だけの問題ではなく

それまでに人間関係が出来てますから

ドロドロとした嫌な部分が

見たくなくても見えてきます。

  

 

「もうこんな思いはしたくない」 

ホームページをつくるきっかけにもなりました。

     

 

ウチが施工したのは間違いないので載せています。

 

最後の話は書かなくてもよかったですね(笑)

 

お正月まで一ヶ月を切りました。

ラストスパートです。

 

納得のできる塗装工事

 

D様邸 (2).jpg D様邸 (3).jpg
施工前 施工後

 

11月も終わりですね。

ブログに書くような事もたくさんあるのですが

忙しいという言い訳?でなかなか書けませんでした。

 

 

さて先日ですが

1本の電話がかかってきました。 

   

相手は 有名なリフォーム会社の担当者の方からです。

 

『えっ?ウチ何かした?』

ビッグネームで戸惑ってしまい 

一瞬、なんの電話か判らなかったのですが (^_^;)

『協力会社になりませんか?』という用件でした。

 

協力業者といっても

要は【下請け業者としてウチの仕事をしませんか?】という事です。

当社は数年前まで下請け依存100%の会社でした。

 

下請けがダメだという話ではありません。

今でも10社程度の元請業者様から依頼をいただいていますし

その方々のお蔭で何度も何度も助けられています。

  

またこのホームページからお付き合いが始まった

業者様もおられます。

 

ただ、これは元請け・下請けに関わらず

どんな事にでもあてはまると思うのですが

双方に価値観が違う場合

お互いにとっていい事はないですしストレスです。

またボタンの掛け違いが不幸をよびます。

    

お声がけいただいた事には大変ありがたいですが

今回は『合わない』と判断し丁重にお断りしました。

 

 

創業当時を思いだします。

   

昔なら喜んで行ってたかもしれません。

当時は新聞の広告なんかに大手塗装会社さんの

『協力業者募集』との文字を見つけると

慣れない営業電話で問い合わせをしてました。 

 

 

そこで仕事の依頼をいただいて

場数をこなしていました。

経験を積むという点ではそれはそれで

よかったかと思います。

 

ただ自分の納得が出来る仕事が出来ていたかと

いうと疑問符がつきます。 

 

 

上記に貼り付けている写真は数日前に完了したお家です。

完成までに塗装工事のみで50人工かかっています。

工期も3週間以上かかっています。 

   

実際のところ塗装工事のみで50人工というのはかかりすぎですが

要因は、

お家の大きさが通常の2倍ちかくある事と

1階部分がタイル調のサイディングボードで2色塗り分けになった事です。

 

手間はかかりましたが 

キッチリした仕事をさせていただいて

お客様から感謝される

こんなにいい事はありません。

  

『お正月までにキレイにしたい』

年内に塗装工事をご希望の方は早めにご連絡ください。

年内に施工可能枠は1軒のみです。

 

塗装業者の廃業

 

画像 3493.jpg 

タイル調サイディングの2色分けの仕上げ。最後は筆で直していきます。 

 

 

10月になり大分、仕事のやりやすい気温になってきました。

そのせいか、見積もり依頼を数多く頂戴しています。

依頼を請け、現場下調べと実測、見積書作成、提出

ほとんどそんな毎日を送っています。

   

10月に入り5件の成約を頂きました。

ありがとうございます。

 

現場が重なってくる事により

お客様の御希望着工日にそえない場合が多いですが

みなさん快く

『いつでもいいよ』とおっしゃってくださいます。

正直なところ、これが一番たすかります。 

重ねて感謝申し上げます。

ありがとうございます。

   

*****************************************

あまりこういう場でふさわしくない内容の話かと思いますが   

先日、普段あまりみないNHKを何気なくみていました。

   

『ETV特集 再建は可能か 社長たちの正念場』

と題して不況の世の中をドキュメンタリータッチで放映しています。

 

よくある中小零細の過酷な現実を追った番組です。

 

番組の中で苦しんでる企業は、コンサルタントの先生に相談するのですが 

そこでその先生は言います。

相談してくる中小零細企業の

「3割が再生可能、4割は延命可能、残りの3割は即刻廃業すべき」

 

つまり最後の残りの3割は

『社長、この相談をきっかけに廃業する道を考えましょう!』と

進言するとか。

 

番組にでていた 

運送会社は新規をとればとるほど赤字になり

鉄工所は売上が去年と比べ3分の1との事。

 

番組の最後は『考えられない時代になった』と締めくくっていました。

 

なぜそんな話をするのか。

 

最近、友人から廃業の相談を受けました。同業者です。

 

理由は今年の6月頃から一気に仕事が激減したからです。 

 

仕事は抜群に出来ます。ただ客観的にみて営業下手。

ボンさん(見習い)時代からの仲間です。

ですので、もう20年以上の付き合いになります。

 

塗装歴で言えば半年ほど自分の方が長いですが

まあほとんど変わりません。 

 

見習いといって思い出されるのが雑用係です。

その友人と一緒になってやっていました。

 

職人さんに 

『材料コッチに持ってこい!』と言われれば

急いで運び

『これケレン(掃除)しとけ』と言われれば

塗装する前にゴシゴシ道具でみがきます。

 

朝から晩まで職人さんの御用聞きになるわけです。

  

真夏の炎天下。

スレート屋根でできた工場の内部になると

天井付近はおそらくサウナ風呂と変わりません。

 

タオルを口に巻いて

汗とホコリで体中がドロドロになり

『フーフー』言いながらケレン(掃除)します。

 

休憩の時に

タオルを外すと

目の周りだけが真っ黒です。

友人に

『お前、パンダみたいになってるぞ』というと

『お前もなってるやんけ』

と返されます。

 

  

『今日吹き付け覚えたぞ』と言われると

なんか負けた気分になりくやしくなって

数日中に覚えます。

そんな関係でした。 

  

 

それからだいぶたって

同じ時期に独立しました。

 

順調とばかり思っていましたが

なかなか自分に言いにくかったのでしょう。

 

『商売は自己責任』と言えば

それまでですが何かくやしく感じます。

 

『なんとかならんのか?』

『もう少し考えてみるわ』

それで電話をきりました。

 

本物の職人であっても淘汰される厳しい時代なのかもしれません。

離れていますので助けてあげられない自分が

もどかしく感じます。

 

いずれにしろ友人にとっていい選択をして欲しい。

それを願わずにおれません。 

 

ハイツ外壁塗装

 

ホームページからご依頼いただいた

ご近所のハイツ様もようやく完了いたしました。

藤井ハイツ様1.jpg

(今さら気付いたのですがカメラの腕が下手くそすぎます。(*_*;
せっかくキレイになったのに逆光気味ですし・・・近々撮りに行きます)

 

ハイツ等の塗装をする場合、期間が若干長くなりますので
養生の問題があります。

工事の期間中ずっと窓を密閉していては
住まれている住民さんはたまったものではありません。

ですのでなるべく面ごとに仕上げる方法をとりました。

 

この季節はとくにですね。

 

またオーナーさんの計らいで
『空き室を休憩に使ってください。クーラーも使っていいから』
とおっしゃってくださいました。

今年の猛暑は熱中症になるほどの異常な暑さなので
お昼の一時間にクーラーに、あたれたら最高です。
 

普段なら遠慮するのですが
お言葉に甘えて使わしていただきました。
  

このお心遣いにより誰1人熱中症にならずに済みました。

感謝しかありません。F様ありがとうございました。


 

******************************************

 

ここで終わるとちょっと短いので

日頃思うことをひとつだけ書きます。 

 

この仕事を続けていて不思議な事があります。(ちょっと大げさですが)

前々から思ってました。

   

それは

同じ時期に、同じ様な仕様の現場が続く事です。

 

例えば、同じハウスメーカーの現場が続くとか

普段使わないような塗料が立て続けに数件依頼があるとか。。。

 

あれってなぜなんでしょう?

もちろん依頼主も地域も関連性がありません。

 

う~ん・・・不思議です。

 

最近の傾向?は

窯業系のサイディングボード(2色塗り)が続いています。

 

9月.jpg

 

サイディングボードはコチラで用意して

日本ペイントさんに見本板を作ってもらったのですが

2色塗りのため、かなり手間がかかったと思います。

  

作っていただいた方はどなたか分かりませんが感謝です。

ありがとうございます。

お客様のイメージでなかったら

また作ってもらいますが(^_^;)

 

外壁塗装工事 意味のない安さの追求

 

暑い日がまだまだ続きそうです。
残暑お見舞い申し上げます。 

 

お盆休みは、とれないかも!?と思っていましたが
なんとか8/14~8/16の間はお休みがとれそうです。

鳥取の方でキャンプをする予定なんですが
子供らにブーブー言われずにすみます。(^_^;)

 

さて最近の事ですがちょっと思うところがありましたので
書いてみたいと思います。

 

先日、知り合いから紹介されて見積りにお伺いしました。

 
住んでいるお客様のご要望を聞いて数量を計り終わったところ

お客様のほうから
『他の業者に見積りさせたところ40万円やったから
なんとか35万円位にならんかな?』と言ってきました。

 

正面と裏面だけの塗装でしたので金額的には40万円位が妥当な値段でしたが知り合いの紹介という事もあり、なんとか希望に応えたいと思い

 

『分かりました。〇〇さんの紹介なんで、なんとかそれでさしてもらいます。』と答えました。

 

『ああ、助かるわ。じゃぁ頼むね』とお客様も喜んでくれたのでよかったと思ったのですが。。。

 

次の日そのお客さんから電話がかかってきて

『その業者に言ったら32万にするって言ってるけど、なんとか30万にならんかな?』

 

えっ!?

 

さすがに丁重にお断りしました(苦笑)


気持ちはすごい分かります。本当に分かります。


私も何か物を買う時に『価格ドットCOM』なんかよく見ます。

 


でもですね

多分これは塗装だけではなくリフォーム業全般の話ですがあんまり安さの追求は意味がないんです。


それは電化製品などの完成品と違い工事の場合、人間が完成させるからです。

 


例えば、塗装する前の高圧洗浄。

外壁を塗装する前に長年ついた汚れを洗い流します。


だいたいの相場で1平方メートル150~250円です。

 

激安を売りにするA社は100円 B社は200円とします。

100円の差がでたなら、家全体でいえば水洗いだけで20000円変わってきます。

当然A社に頼みたくなります。だれだってそうでしょう。


ですが


A社は2時間で洗浄を終え「洗浄終わりました。また明日きます」と帰ってしまった。

B社は一日かけてじっくり洗浄した。


B社の方が高くても値打ちが全然違います。

 


塗装でもそう

1軒のお家の塗料を8缶しか使わない会社と12缶使った会社。

 全然違います。


今は安いのが一番という風潮があるので、それも仕方がないこと
なのでしょうかね・・


と、思っていたのですが、最近本当に勇気づけられる事がありました。

 

 

ホームページを見た香川県の方からメールをもらったのですが内容はお助けください。から始まり近いうちに塗装する事になったのですが見積書を添付するので意見をくれませんか? との事。

 

香川県は完全に施工範囲外ですが(笑)頼られて悪い気はしないので、添付された見積書を見せてもらい大体思う様な事を書き返事しました。

 

その最後の文面に、


『ひとつだけお願いなのですがウチのサイトのどこの部分で問い合わせしようと思ったのか教えていただけないでしょうか?』と書き添えました。

 

何かの検索で引っかかったのでしょうが
香川県の方からメールが来る事自体不思議です。

 

次の日返事がきたのですが、予想とは違いました。


『フェアプライスを謳っていることですね。サイトに「高い部類ではないが良心的な価格を下回る低価格や地域最安値は目指していない」と謳われていた事です。これからも良い仕事をされ御社のご発展を応援します。本当に有り難うございました。』

 

理解してくれる人がいるんですね
こんなメールがきたらうれしくてたまりません。

 

5つの言い訳で思い出したこと

 

ちょっと塗装の話とはそれますが
最近読んだ本の紹介です。

ブログ8月.jpg


『日本でいちばん大切にしたい会社』

坂本光司 著


「この本だけは絶対に読んでください」

 

と知り合いから強く勧められ読んだのですが
パラパラっとページをめくっていくうちに
のめり込んでしまいました。


 

だれもが知っている有名企業ではないですが
エピソードを交えながら5社を紹介しています。


まえがきから、ちょっとだけ引用します。

  


********************************************************

こうした企業の存在は、「問題は内ではなく外」と嘆き悲しむ、被害者意識に凝り固まった他力本願タイプの中小企業の【5つの言い訳】を、ことごとく否定してくれます。


【5つの言い訳】とは

   

・景気や政策が悪い

・業種/業態が悪い

・規模が小さい

・ロケーションが悪い

・大企業/大型店が悪い

です。

 

そしてこの5つの言い訳をする経営者は必ず  

『そこにわが社の業績が上がらない最大原因がある。

変わるべき・変えるべきなのは外部環境である』

 

と言います。

そうした経営者は、いつの時代にもこれら5つの言い訳が口ぐせになっています。

              

~中略~

   

こうしたタイプの経営者お会いしたあとの帰り道は現場や事務所で懸命にがんばっている社員やその家族,さらには下請け企業の社員などを思い浮かべ、正直、つらく、悲しくなってしまいます。

少なくとも、それらの経営者が率いる組織を『大切にしたい』などとは決して思いません。

 

*********************************************************


これを読んだ時、思い出したのですが

独立当初、自分自身、こんな事をよく言ってた時期があります。


同業者や建設業の人と集まると

『あそこの元請けが悪い』
『単価が安すぎてやっていかれん・・・』

愚痴しか言ってませんでした。

   

その場は『傷の舐めあい』?『慰め合い』で満足するのですが

当然、次の日になっても現実は何も変わりません。

 

当時を思い出して恥ずかしくなります。

 

いつ潰れてもおかしくない会社だったのに

何とかやってこれたのも

出会う人やお客様がよかったかと思います。

 

この場を借りて、感謝申し上げます。

この6月から8期目を迎える事が出来ました。

 

エコポイントと悪徳商法



暑い日が続きます。
現在のところ、大型工場・中規模工場・戸建て住宅と
お盆までの工事が続いております。

 

もう少し気温が下がれば仕事がやりやすいのですが
贅沢は言えません(^_^;)
依頼いただいてるお客様に感謝・感謝です。

 

現在、施工中の現場は
何とか窓を養生する期間を少なくできないか
工夫しながら施工しています。

 

さて最近お伺いするお客様から
『遮熱塗装って住宅エコポイントの対象にならないの?』
と相談される事があります。

 

結論から言うと現在のところ適用はありません。


う~ん残念です。
適用されると塗装業界が活性化するんですけどね

 

このエコポイントに関連する事ですが

最近【住宅リフォーム・紛争処理支援センター】に
リフォームに関する相談・トラブルが急増しているのだそうです。

 

というのもエコポイントをからめた悪徳商法?が横行しているらしく

完了した後の問題が多いとか。。。

(※ほとんどの場合、優良業者と思われますので。念の為)

 

工事の最中に何か起こった場合や

もし、終わった工事でも不信感をお持ちの場合は

 住宅リフォーム・紛争処理支援センター 

ホームページアドレス  http://www.chord.or.jp/

住まいるダイヤル    0570-016-100

 

までお問い合わせください。

また、よくある住宅瑕疵担保責任についても精通しているみたいなので
ご相談されたらいいかと思います。

 

****************************************************** 

 

全然話は変わるのですがツイッターはじめました。

イマイチつぶやく意味が分かってないですが
されてる方はフォローの方お願い致します <(_ _)>

 

フォローはコチラ 

ツイッター.png

 

塗装業者選びは賭け?!

 

ブログ6月.jpg

 

近所の工場より塗り床工事の依頼を受け施工してまいりました。
同じ町内からお声が掛かるのはうれしいです(^_^)
   
   
先日、外壁塗装を完了したお施主様よりメールを頂きました。
   
***************************************************
今回、永建工業様に工事を依頼して本当に良かったと思っています。
   
正直、家のリフォーム業者等を選択するのって
ある意味≪賭け≫みたいなとこがあるって
耳にしてたのですが、
私と家内は≪賭け事?≫は嫌いな性分なので、じっくり選んだ
結果、永建工業様 に決定しました。
    
その理由は、
値段等を全面に押し出さず、施工の流れ、方法、使用する材料の性質
等をこと細かくホームページで紹介されていたことが依頼の決め手となりました。
    
~中略~ 
   
これからも永浜さん!
人を喜ばせ、楽しく、
幸せな生活ができる救世主(ケンシロウ)となってください(^^;
こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。
*****************************************************
    
Y様ありがとうございました。
    
業者の選択を『賭け』と表現なさるのは
依頼される側ならではの表現ですね。 
     
ケンシロウにはまだまだなれそうもないですが(笑)
少しでもこのホームページで
不安を取り除けていけたらと思います。

塗装業者を信用出来ない?! 

 
 

先週の土曜日、同業者のF君と一緒に東京へ行ってきました。

場所は両国です。

講習会のために行ってたのですがたまたまその日は大相撲五月場所7日目でした。 

5月.jpg

 







 

 

のぼりが雰囲気だしてます(^_^)v 

『講習会キャンセルして相撲観戦しませんか?』

という言葉を、お互いグっと堪えて(笑)講習会へ。 

 

10:00~17:00までの7時間。それからそのまま新幹線で大阪に帰ってきたのですがクタクタです。疲れました~

 

5月①.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記念撮影。(何で斜めやねん(-_-;))

 

東京から帰ってきてメールを開いてみると一通のお問い合わせがきています。

以下お問い合わせ

 


【外壁の塗装を地元の業者に依頼致しました。ほんの数日で作業終了となり、あまりの迅速さに大変驚きました。午前8時に業者の方が来られ、お昼の12時には二度塗り終了したと言われました。その日はカラッとした天気で風邪の強い日でしたが前日は雨でした。わずか4時間で外壁を2度塗りなんて現実的に可能なのでしょうか???正直言って疑心暗鬼です。】

 

実際のところは工事の様子を見ていないので分かりませんが

こう返信させていただきました。

 

 

【〇〇様 
 はじめまして (有)永建工業の永浜です。
 お問い合わせありがとうございます。
  
 現場を見ていないあくまで想像の範疇でお答えする事をお許しください。また私の主観になっている事もご了承ください。
 
 
 短時間で2度塗りとの事ですが人数・塗る面積によりかわってきますので一概に言えません。
 
 例えば2人程度でお家の外壁全部なら無理っぽいですし、逆に塗る面積が少ないと可能になります。
 


 ただ思うのはお客様自身を疑心暗鬼にしている事に問題があるのかもしれません。作業前に『今日の作業は・・・』くらいの説明があってもよかったかもしれませんね。
 
 【塗り残しがあった】という場合は別として疑いだけで追求するのは『やった、していない』の水掛け論になりますのでしない方がいいかと思われます。またいつでもご質問ください。】 

 

と書いて送った後考え込みました。

 

偉そうな事、書いておきながら自分のところはどうなのか?ちゃんと説明してるのか?誤解されてる事はないのか?

 

もしかするとお客様の方が思うところがあっても我慢してるだけかもしれません。

 

コチラの常識はお客様にとって非常識

 

『これくらいの事、言わなくても分かってくれるだろう』ではなくもっともっと分かり易い説明を心掛けようと思いました。

知識のある消費者と知ろうとしない業者

 

ブログ 4月.jpg  ブログ 4月 (1).jpg

【知識不足から剥離しだした塗膜】 

 

 

信じられない話かも知れませんが本当の事です。

 

消費者(お客様)はインターネットの普及によって様々な知識を得る事ができました。


逆に不勉強な業者は知識が数年前のままストップしています。


 

この間、お伺いしたお家の奥さんに

 

「『屋根の縁切り』はしてくれるんでしょ?」と言われました。

 

会話の中でそのキーワードがでたのですが少々ビックリしました。


『縁切り』は屋根塗装の際の作業工程のひとつですが

『縁切り』なんて言葉は、本来、塗装屋同士の会話の中でしかでない言葉です。

 

数年前まで知らない業者もたくさんいました。

もしかすると今でも知らない業者がいるかもしれません。

 

去年、昔から知っている知り合いの塗装屋に縁切りの話をすると

『聞いたことないな~』と言われました。少々複雑な心境になりましたが(苦笑)

知識だけをとれば20年以上塗装店をやっている業者より

普通の主婦の方の方が知識では勝っているという、すごい現象が起こっています。

 


最新の知識とかトラブル事例

(ここで言うトラブル事例はきちんと仕事をしたのに起こるトラブルの事です。)

なんかは自分で調べなければ誰も言ってくれません。

メーカーも塗料店も聞かなければ教えてくれません。


 

確実な方法とは言えませんが、いい業者の見分け方として

お客さん自身が知識をもって

『〇〇〇〇〇はどうするのですか?』

業者側に問いかけるのも、ひとつの方法かもしれません。

 

それと各塗料メーカー(自社ブランドをウリにしている業者は別ですよ)お客様相談センターがあります。

 

疑問に思った事は、聞いて納得される事ですね。


ご相談・お問い合わせフォーム

お問合せ内容必須
(※いずれかをお選びください)
弊社からの返信方法必須
(※いずれかをお選びください)
お電話を選ばれた場合の電話番号(任意)
(※例:06-4308-4318)
お名前必須
(例:永濱 ※苗字でOKです。)
メールアドレス必須
(例:xxxxx@xyz.jp)
画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
(任意)
※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。

※各ファイル2メガまで
画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
(任意)
※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。
ご質問・ご相談・お見積り依頼等についてはこちらへどうぞ(任意)
(例:〇〇市で外壁塗装を考えています。見積りをお願いしたいのですが●日に訪問可能でしょうか?)
内容確認必須 以上の内容でよろしいでしょうか?よろしければチェックを入れてください。 → 
内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。


入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

※ メールアドレスに誤字がありますと返信出来ませんので、ご確認の方よろしくお願い致します。

※ お問合せフォームからのご相談は、24時間以内の返信を心掛けていますが、最近、まれに『問い合わせしたけど返信がない』と御聞きする事があります。何かしらの原因で、そのような状態になっていると考えられますのでお手数ですが再度、メールアドレスまでよろしくお願い致します。

メールアドレス
nagahama@eiken-kohgyo.jp

   

大阪・奈良で屋根塗装・外壁塗装・防水工事をお考えの方は塗装専門店の(有)永建工業へ。【電話:0120-377-376/受付:8時~20時土日対応】メール相談・御見積り依頼は24時間受付。『後悔しない塗り替えガイドブック』無料進呈中。

お問い合わせはこちら