■外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご質問・ご相談・お見積り依頼は随時受け付け中!まずは無料相談から       
re_img_06
re_img_08
re_img_03
re_img_10
re_img_11

塗料缶の不法投棄

 

昨日の仕事帰りの事です。

  

車で走りながら、ふと見ると道路のはしっこに不法投棄されている塗料がありました。

  

 ほぼ毎日通っているところなので昨日気付いたという事は、ごくごく最近に捨てられたものでしょう。

 

 数にして1斗缶で10缶程度。  

 

 どこの誰が捨てたのか分かりませんが、業務用の塗料ばかりでしたので、一般の人が捨てたとは考えにくく塗装屋とみて間違いないかと思われます。

  

 なんでそんな事するんやろ?  

 

・どこで処分したらいいのか分からなかった

・処分費用がもったいなく感じた

・塗装屋を廃業する。

 

あとは思い付きませんがそんなところでしょうか。そんな事は理由にならず、決して許される事ではありません。

 

 

何を考えているのか分かりませんが無茶苦茶します。

 

残ペンキでしょうから、どこかの現場で使用しているはずです。  

  

 塗装屋の定めと言えば大げさですが塗装業にとって塗料・産廃の廃棄はつきものです。

  

そこで費用がかかったとしても避けて通る事はできません。1缶の処分費は大体2000円前後でしょう。ですので10缶で20000円程度の金額です。

  

 

その程度の金額をケチり軽い気持ちで捨てたのかも知れませんが罰金はその100倍くらいくるかもしれません。

 

なんとなくですが嫌な気分になりました。

  

 このページを読まれている方で、そんな事をする人はいないと思いますが、【処分をどこに頼んでいいか分からない】という方はいるかと思います。

  

 当社がお願いしている業者さんのリンクを貼っておきます。同業者の塗装業の方はもちろんの事、他業種で塗料の廃棄に困っている方は連絡してみてください。

 

数缶でも快く対応して頂け、引き取りにもスピーディーに来てくれます。またマニフェストもちゃんと発行してくれます。  

プロスタッフ㈱ (神戸・大阪)

関連記事はこちら

ご相談・お問い合わせフォーム

お問合せ内容必須
(※いずれかをお選びください)
弊社からの返信方法必須
(※いずれかをお選びください)
お電話を選ばれた場合の電話番号(任意)
(※例:06-4308-4318)
お名前必須
(例:永濱 ※苗字でOKです。)
メールアドレス必須
(例:xxxxx@xyz.jp)
画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
(任意)
※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。

※各ファイル2メガまで
画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
(任意)
※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。
ご質問・ご相談・お見積り依頼等についてはこちらへどうぞ(任意)
(例:〇〇市で外壁塗装を考えています。見積りをお願いしたいのですが●日に訪問可能でしょうか?)
内容確認必須 以上の内容でよろしいでしょうか?よろしければチェックを入れてください。 → 
内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。


入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

※ メールアドレスに誤字がありますと返信出来ませんので、ご確認の方よろしくお願い致します。

※ お問合せフォームからのご相談は、24時間以内の返信を心掛けていますが、最近、まれに『問い合わせしたけど返信がない』と御聞きする事があります。何かしらの原因で、そのような状態になっていると考えられますのでお手数ですが再度、メールアドレスまでよろしくお願い致します。

メールアドレス
nagahama@eiken-kohgyo.jp

   

大阪・奈良で屋根塗装・外壁塗装・防水工事をお考えの方は塗装専門店の(有)永建工業へ。【電話:0120-377-376/受付:8時~20時土日対応】メール相談・御見積り依頼は24時間受付。『後悔しない塗り替えガイドブック』無料進呈中。

お問い合わせはこちら