■外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご質問・ご相談・お見積り依頼は随時受け付け中!まずは無料相談から       
re_img_06
re_img_08
re_img_03
re_img_10
re_img_11

工事日記

作業中に気になった事、現場調査中に感じた事などを記したエイケン工事日記です。自社の為の備忘録な意味合いもあります。お時間ある時にご覧ください。

月々雑感バナー4

外壁塗装の配色について 

外壁塗装の前の段階、配色についてよくご質問があります。

サイディング塗装の場合、配色は大きく分けて4つのやり方があります。
 

①1色塗り
外壁をクリームならクリームと全体を1色で塗るやり方。
 
②2色塗り

1階と2階など部分に分けて色を替えるやり方。
 
③再現工法
サイディングの凸と凹の色を分ける塗り方。一旦ベース色を全体に塗り乾燥してから違う色で表面のみを塗っていきます。多分意味が分からないと思いますのでこちらを ⇒ サイディング再現工法
 
④クリアー塗装
透明のクリアーを塗る施工工法。新築から10年未満の外壁に推奨。

とあるわけですが、今回は一番多い②の2色塗りについてお話ししたいと思います。

メーカーさんの2色塗り例をみると、ほとんどの場合が1階と2階の色分けです。

 0713 (2)

0713 (3)

0713 (5)

0713 (6)

0713 (7)
【日本ペイントHPより抜粋】

 
上記画像のように、1階と2階の間に幕板があるとそれを境に色を分けやすく、お好みの配色にする事ができます。

 
ただ、全てのお家に幕板が入っているとは限りません。割合的には幕板のないお家の方が多いように思います。

そんな時、お薦めなのが縦ラインあるいはベランダ部分のみ色分けするやり方です。

先日、完了した奈良市のお客様邸画像になります。
  
縦ラインと・・

0713 (1)

 
ベランダ部分。濃色をもっていくことにより外壁が引き締まり、高級感がでてきます。あまり濃色多く使わずワンポイントにもってくるのが綺麗に見えるコツです(個人的な主観です(笑))

0713 (8)

新築で建っているお家も、このように縦ライン・ベランダで塗り分けしているのを最近よく見かけます。

色選びも重要ですが、配色により見た目がかなり変わってきます。考えすぎはストレスになりますが、イメージしながら配色を考えるとなかなか楽しいもんです。

ご参考になさってください(^_^)

戸建て住宅の屋上防水 東大阪市

東大阪市で外壁塗装と並行して行っている屋上防水がひとまず完成致しました。
今回の防水仕様は塩ビシート機械式固定工法になります。

0711 (1)_R

0711 (4)_R

0711 (2)_R

0711 (3)_R 

綺麗になりました。シート色はお客様の希望でグリーンに。これで雨漏りする事はありません。
 

 
防水の工法は大きく分けて2つあります。

 
・密着工法
・通気工法
 
です。密着工法は屋上の床面に対し直接塗る(貼る)やり方。一方の通気工法は通気層を設けてから塗る(貼る)やり方になります。

改修工事として屋上防水をする際のポイントは通気工法にすることです。

屋上の床面には長年の降雨により若干の水分が滞留しています。その水分は夏場の強い日差しにより蒸気として出ていこうとします。そうなると密着工法の場合、蒸気の抜け道がなく防水層が膨れます。
 
 
屋上の状態により全てがそうなるわけではありませんが、多くの場合そうなります。そのため通気層を設け湿気を逃がす工法にした方が不具合が少なります。
 
よく『脱気筒を設置しているので大丈夫では?』とおっしゃる方がいますが密着工法で脱気筒を設置してもほとんど効果はありません。

P1110993

 
通気工法の中でも弊社がよく施工しているのが

 
・ウレタン防水の通気緩衝工法
・塩ビシート機械式固定工法
 
になります。クーラー架台や手摺りの架台など凸形状の障害物が多い時はウレタン防水を採用し、比較的フラットな屋上面になっている時は塩ビシートを採用しています。このあたり現場判断となります。

ちなみに数量の少ないベランダを防水する際は密着工法でも構いません。

屋上を防水する際は『通気工法』。
これをお忘れなく。

塗装のめくれ 東大阪市の住宅塗装

東大阪市で戸建てRC住宅の塗装をおこなっています。

陸屋根タイプで比較的築年数が経過している住宅を塗装する場合、共通しているのが軒裏の塗膜が浮いていることです。

全てではありませんが、ほとんどの場合浮いています。透湿性のある塗料を塗っていれば幾分マシなのですが、前回の塗装で弾性塗料を塗っているため浮き箇所が多くありました。

まずは打診棒を当てながら浮き箇所を見つけます。

270708 (6)_R

浮き箇所をめくってみると、、、、
止まらない(笑)
想定していましたので、問題はありません。

270708 (2)_R

270708 (3)_R

剥がれ箇所はカチオンで塗布し、ここから塗装スタートとなります。

270708 (4)_R

 
原因は屋上防水機能の低下です。
 
以前にトップコート?のみを塗装していたようですが、その塗膜もほとんど表面にはなくなっており防水性はほとんどありません。

 
このような陸屋根タイプのお家は、屋上・外壁を同時にメンテナンスするのが外装を長持ちさせるポイントだと考えます。

今回この陸屋根には塩ビシートの機械式固定工法で施工する予定です。

270708 (5)_R

 
書いてる内容が分かりにくいと思いますので、以前に買ったミニチュア模型を載せておきます。陸屋根タイプのお家とはこのような形状の住宅になります。

自分で購入しておきながらどこで使うか疑問でしたが、やっと活用できました(笑)

270708 (1)_R

ご相談・お問い合わせフォーム

お問合せ内容必須
(※いずれかをお選びください)
弊社からの返信方法必須
(※いずれかをお選びください)
お電話を選ばれた場合の電話番号(任意)
(※例:06-4308-4318)
お名前必須
(例:永濱 ※苗字でOKです。)
メールアドレス必須
(例:xxxxx@xyz.jp)
画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
(任意)
※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。

※各ファイル2メガまで
画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
(任意)
※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。
ご質問・ご相談・お見積り依頼等についてはこちらへどうぞ(任意)
(例:〇〇市で外壁塗装を考えています。見積りをお願いしたいのですが●日に訪問可能でしょうか?)
内容確認必須 以上の内容でよろしいでしょうか?よろしければチェックを入れてください。 → 
内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。


入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

※ メールアドレスに誤字がありますと返信出来ませんので、ご確認の方よろしくお願い致します。

※ お問合せフォームからのご相談は、24時間以内の返信を心掛けていますが、最近、まれに『問い合わせしたけど返信がない』と御聞きする事があります。何かしらの原因で、そのような状態になっていると考えられますのでお手数ですが再度、メールアドレスまでよろしくお願い致します。

メールアドレス
nagahama@eiken-kohgyo.jp

   

大阪・奈良で屋根塗装・外壁塗装・防水工事をお考えの方は塗装専門店の(有)永建工業へ。【電話:0120-377-376/受付:8時~20時土日対応】メール相談・御見積り依頼は24時間受付。『後悔しない塗り替えガイドブック』無料進呈中。

お問い合わせはこちら