■外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご質問・ご相談・お見積り依頼は随時受け付け中!まずは無料相談から       
re_img_06
re_img_08
re_img_03
re_img_10
re_img_11

月別アーカイブ: 2015年9月

ファイン4Fセラミックで2色塗り再現工法

9月の中旬から東大阪市で3階建て住宅のサイディング外壁を塗り替えしています。

松下邸 (10)_R 

 
今回の塗装仕様はファイン4Fセラミックの2色塗り分け再現工法です。当初は1色塗りの予定でしたが、お客様のご希望で2色塗りに変更致しました。

 

先日もサイディングの塗り替えでご質問をいただきましたが、ファイン4Fセラミックは通常版と高弾性版のタイプがあり、今回はサイディングボードという事もあって通常版を使用しています。

まずは、ベース色を仕上げていきます。

IMG_8950_R

 
凹凸のあるサイディングボードですのでこれでも充分に綺麗なのですが、このあと毛の短いローラーで表面をそうっと塗っていきます。
 

IMG_8949_R

 
コストはその分かかりますが仕上がりが抜群の2色塗り再現工法です。

 
・既存のイメージを残したい。

・クリヤー仕上げは傷んでいて出来ない。

そのような場合は、工法の一つとしてご検討ください。


屋根の方の塗装仕様は無機UVコートルーフ遮熱です。

IMG_8951

 
外壁にフッ素塗料、屋根に無機塗料。今回は耐久性を重視した塗装仕様になります。

  
お天気がこのまま続いてくれればあと数日で完了予定です。足場を解体した時の仕上がりが今から楽しみです。
 

塗装で対処できない大壁工法の割れ

 
塗り替えの現場調査に行った際、よく見かけるのが大壁工法の割れ、剥がれです。

0918 (3)

0918 (1)

0918 (2)

 
大壁工法とは、3×10板(910㎜×3030㎜)の板やALCの板を外壁に貼り付け、ジョイント部分を隠す施工方法です。

本来、ボードでもALCでもジョイントを設けるのは建物の動きを緩衝させるためのもの。
  
なぜジョイント部分を隠すのかといえば、デザインを重視した場合、板と板の継ぎ目が見た目的に悪くなるからという事でしょう。おそらく継ぎ目なく一面をフラットにしたほうが見栄えもよく売りやすいのかもしれません。
  
しかし数年経った後に割れることがあり、こうなってしまうと塗装ではどうしようもなく新たにサイディングで張り替え直すしか方法がなくなります。
 
不具合があるから、弊社にお声がかかるわけで何も起こっていないお家からは当然ながらお声がかかりません。つまり私自身が全ての大壁工法を知っている訳ではありません。
 
弊社は新築の塗装をほぼしないため、このあたりに詳しい同業者のお友達に聞くと、通常大壁工法を採用する際は建材メーカー、塗料メーカー、施工店と三位一体で施工にあたっており、外壁板の貼り方、使用材料、板間の処理方法までのマニュアルがあるとのこと。
  
貼り方も使用材料も守らず、また板間の処理材の厚み不足、さらに塗膜の厚みを守らなければ、まず割れたり剥離が起こってしまうそうで、キッチリ施工していれば早々に不具合は起きないそうです。
 

念には念を。新築の際に大壁工法をお選びになる時は、そのあたりを建てる工務店さんからよくお聞きになり、理解されてからの方がいいかと思われます。

塗料の不良品

塗料の不良品。塗装の不良ではなく『塗料の不良』です。めったにない事ですがごくまれにあります。
 

初期不良という言い方が正しいのかどうか分かりませんが、ある現場で、ある塗料の缶を開けて使おうとしたところ塗料がダマ(固形化)になっていて使えませんでした。
(ご依頼頂いてる一般のお客様宅ではありません)

名称未設定 1
 

※画像は塗料名が分からないように加工しています。

製造年月日が古いのか?とも思いましたがそうでもないみたいで、もしかすると色んな要素が絡み合ってるのかもしれません。原因は現段階ではよく分かっていません。
 
塗料は種類により粘度の差はありますが、とうぜんながら液体でありそれに対して水、シンナー等を入れて希釈します。一切何も入れない無希釈タイプもあります。
  
それが今回は最初から3分の1が固形になっていますので明らかに不良品です。永い間、塗装業をしていますがこのようなケースはここ数年記憶にありません。
 
車を新車で買ったとしても何千台か何万台かに1台程度は初期不良があるそうです。人間がしている事ですので、それに対してどうこう言う気は全くありません。

ただ、予想外の出来事でしたのでひじょうに困ったのですが、お付き合いのある塗料ディーラーさんが神対応をしてくださり事なきを得ました。施工のロスもほとんどありません。ほんと助かりました。

 

外壁サイディングの色選び 2色塗り再現工法

久しぶりの工事日記になります。
前回が8/5ですので一ヶ月以上ぶりとなります。

工事をしていなかったとかネタがつきた(それはちょっとあるかも(笑))という訳ではありません。
 
やはり、塗り替えシーズンに入りましたので、ほとんどの時間を現場調査・御見積書作成に費やしています。

そんな中、本日はお客様に提出していた見本板が返ってきました。2色塗り再現工法の見本板になります。

IMG_8434_R

再現工法は一般的な塗りつぶしがしっくりこないサイディングの場合。また、傷みが目立ちクリアー塗装が出来ない場合に有効な塗装方法です。少し接近して撮ってみます。
 

IMG_8435_R

 
タイル調サイディングの目地部分と表面部分の色を変えているのがお分かり頂けるでしょうか。こうする事によって色の深みと言いますか高級感が出るのが特徴です。

違うやり方の再現工法もあるのですが、今回の見本板に関して言えば目地色を全体に塗り、表面を短毛と呼ばれるローラーで塗っています。

工程が増えますので、若干その分価格が上がりますが、美観的な価値はあるかと思われます。

このような工法でする場合、お客様への確認はカラーシミュレーションでは表現しにくく実物の見本板の方が分かりやすいです。

この中の一枚をお決め頂きましたが、いつも無理な事に対応していただけるメーカーさん・制作者さんには感謝しかありません。

ご相談・お問い合わせフォーム

お問合せ内容必須
(※いずれかをお選びください)
弊社からの返信方法必須
(※いずれかをお選びください)
お電話を選ばれた場合の電話番号(任意)
(※例:06-4308-4318)
お名前必須
(例:永濱 ※苗字でOKです。)
メールアドレス必須
(例:xxxxx@xyz.jp)
画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
(任意)
※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。

※各ファイル2メガまで
画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
(任意)
※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。
ご質問・ご相談・お見積り依頼等についてはこちらへどうぞ(任意)
(例:〇〇市で外壁塗装を考えています。見積りをお願いしたいのですが●日に訪問可能でしょうか?)
内容確認必須 以上の内容でよろしいでしょうか?よろしければチェックを入れてください。 → 
内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。


入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

※ メールアドレスに誤字がありますと返信出来ませんので、ご確認の方よろしくお願い致します。

※ お問合せフォームからのご相談は、24時間以内の返信を心掛けていますが、最近、まれに『問い合わせしたけど返信がない』と御聞きする事があります。何かしらの原因で、そのような状態になっていると考えられますのでお手数ですが再度、メールアドレスまでよろしくお願い致します。

メールアドレス
nagahama@eiken-kohgyo.jp

   

大阪・奈良で屋根塗装・外壁塗装・防水工事をお考えの方は塗装専門店の(有)永建工業へ。【電話:0120-377-376/受付:8時~20時土日対応】メール相談・御見積り依頼は24時間受付。『後悔しない塗り替えガイドブック』無料進呈中。

お問い合わせはこちら