■外壁塗装・屋根塗装・防水工事のご質問・ご相談・お見積り依頼は随時受け付け中!まずは無料相談から       
re_img_06
re_img_08
re_img_03
re_img_10
re_img_11

月別アーカイブ: 2015年3月

パーフェクトトップ完成

東大阪市の戸建て住宅外壁塗装工事が完成いたしました。明るく優しい感じの色合いに変わり、見違える仕上がりとなりました。

 

0403-1s-300x225

0403-2s-300x225

当初は、カタログからもう少し派手めの色をお選びいただき、それで決定。となっていたのですが、『イメージと違うのではないか??』と勝手に思い見本板を取り寄せました。

 

それをご覧になったお客様。
『う~ん、ちょっと派手すぎやなぁ』
とおっしゃり、色変更をすることに。塗料を発注していなくて助かりました。いや、そういう予感がしてたものですから、自分の所でストップかけていたのですが(笑)

 

で、結果的に再度お選びいただいたのがこの色合いです。通常、横のラインで塗り分けするのが一般的ですがこういう縦のラインでワンポイント入れると建物が高く見え全体が引き締まります。

 

Y様、このたびはご依頼いただきましてありがとうございました。

木の塗装はガードラックアクア

本日は、前々からご依頼いただいていた美容室さんへ店舗の看板塗装へ行ってまいりました。先日、ガードラックアクア試塗りの記事を書きましたが、ご了承頂いたため施工となりました。

 

施工前                   施工後

1s 2s


完成後はいい仕上がりになりました。

 

施工前は木に浸透している塗装が剥がれていました。木は性質上、伸縮を繰り返しますので塗装が剥がれるのはある意味仕方がない事です。

 

そのため、塗りつぶし型の塗装ではなく浸透型の塗装をするのが一般的ですが、それでもこのように時間が経てば剥がれてきます。

 

ですので、木部の場合はこまめに塗替えをすることが大切です。今回使用したガードラックアクアは前回も申しましたとおり隠蔽にすぐれています。

 

通常の浸透型の木部用塗料は吸いこみムラが出やすいのですが、それに比べガードラックアクアは、剥がれた箇所と塗装が活きている箇所の違いが分かりにくく、仕上がりが綺麗です。

 

水性であっても油性より強い耐候性のガードラックアクア。ガードラックアクアでの木部塗装は弊社までお問合せください。

河内長野市の外壁塗装完了

今月の初旬からスタートしていた河内長野市の屋根・外壁塗装工事ですが昨日完了しました。気温が低い日もありましたのでシーリングの乾燥に思いのほか時間がかかりました。

 

!cid_C144124D-361A-4F3D-92D6-EAC0005FFB75

!cid_99EE867F-7142-40E5-92C9-5002B3209FFA

!cid_CDD644F0-BB3C-4EDB-B16F-253FECD5212C

!cid_FEF05EA2-D83D-4AA3-B5D8-51B40EF09491

屋根の方は、サーモアイSi、外壁の方は、パーフェクトトップというオール日本ペイント仕様になります。

さっそく施工事例の方に掲載したいと思いますが、ただいま施工事例のページを改修中です。けっこうたまっているのでページが完成してから一気に掲載したいと思います。

河内長野市は大阪の中心部からは少し外れており、のどかな雰囲気が残っていますが風景というか空気感がいいですね。来るたびにそう思います。

N様、ご依頼いただきましてありがとうございました。

ガイナの縁切り

東大阪市の戸建て住宅でカラーベストにガイナを塗っています。ご存知かも知れませんがガイナは特殊セラミックが大量に入った断熱塗材です。ガイナ塗材のうち80%がセラミック粒子で出来ていますので、シャバシャバではなくドロっとした感じです。そのため通常の屋根塗装とは違い、縁切りの順序を変えています。

 

!cid_A9A95288-7BA2-41C0-9623-A45350D020B7

ガイナ上塗り1回目の様子です。通常の場合ですと下塗り完了後に縁切り部材であるタスペーサーを挿入するのですが、弊社の場合はガイナ塗装に限りガイナの上塗り1回目が完了してからタスペーサーを挿入しています。

!cid_F3C4B43D-2070-47BA-9437-BFBEFBF811FC

なぜ、上塗り1回目が完了してからタスペーサーを挿入するかと言うと、ガイナはドロっとした塗材であるため、先にタスペーサーを挿入するとカラーベストの重なり部分の目詰まりを起こしやすいためです。

縁切り

せっかくの塗り替えで雨漏りを誘発したら何をしているか分かりません。屋根塗装の際は縁切りに注意して施工しています。

 

※これはあくまで弊社のやり方です。塗り方を変える等で対処している塗装屋さんもいますので、他の塗装屋さんの施工方法を否定しているものではありません。お間違いなく。

雨漏りの原因 犯人は・・・

『シーリングの打ち替えをして欲しい。』との事で、東大阪市内のお客様のところへ現場調査に行ってまいりました。
 
到着後、よくよくお話しを御伺いすると半年くらい前から雨漏りがしていて、強い雨の日には連続してポトポトと雨の滴が落ちるとのこと。

 

20150320 (3)

画像では分かりにくいかもしれませんが、赤枠で囲ったところに錆の汁が落ちていますので、確かに雨漏りに違いありません。さっそくこの上にある庇(ひさし)にあがってみました。

お客様曰く、シーリングが劣化しているのでおそらくそれが原因ではないか?とのこと。

20150320 (7)

確認してみると、確かにシーリングは劣化しています。ただ、これくらいの劣化でポトポトの雨漏りにはならない。と推測。笠木のシーリングもブリッジ工法で打っていますので早々に雨漏りはしないはず、です。

010 (2)

う~ん、これは見つけるのに時間かかるかも、、、、、、
と思っていましたら、あっさり原因が見つかりました。

 

ドレンの詰まりです。

20150320 (6)

よく見ると水かさの跡形も付いていますね。

銀紙、稲、虫とかも溜まっていましたので、鳥が運んで来たのかもしれません。こういう内側に付いてる樋の場合、これが原因の雨漏り例は意外と多いです。年に1、2回ほど点検はしておいた方がいいですね。

ご相談・お問い合わせフォーム

お問合せ内容必須
(※いずれかをお選びください)
弊社からの返信方法必須
(※いずれかをお選びください)
お電話を選ばれた場合の電話番号(任意)
(※例:06-4308-4318)
お名前必須
(例:永濱 ※苗字でOKです。)
メールアドレス必須
(例:xxxxx@xyz.jp)
画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
(任意)
※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。

※各ファイル2メガまで
画像・ファイルをお送りになる場合はこちらから
(任意)
※容量が大きすぎますと届かないため圧縮してください。
ご質問・ご相談・お見積り依頼等についてはこちらへどうぞ(任意)
(例:〇〇市で外壁塗装を考えています。見積りをお願いしたいのですが●日に訪問可能でしょうか?)
内容確認必須 以上の内容でよろしいでしょうか?よろしければチェックを入れてください。 → 
内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。


入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

※ メールアドレスに誤字がありますと返信出来ませんので、ご確認の方よろしくお願い致します。

※ お問合せフォームからのご相談は、24時間以内の返信を心掛けていますが、最近、まれに『問い合わせしたけど返信がない』と御聞きする事があります。何かしらの原因で、そのような状態になっていると考えられますのでお手数ですが再度、メールアドレスまでよろしくお願い致します。

メールアドレス
nagahama@eiken-kohgyo.jp

   

大阪・奈良で屋根塗装・外壁塗装・防水工事をお考えの方は塗装専門店の(有)永建工業へ。【電話:0120-377-376/受付:8時~20時土日対応】メール相談・御見積り依頼は24時間受付。『後悔しない塗り替えガイドブック』無料進呈中。

お問い合わせはこちら